サムスンD「世界最小曲率のフォルダブル有機ELパネル商用化」発表

スマホ ディスプレイ

サムスンD「世界最小曲率のフォルダブル有機ELパネル商用化」発表

サムスンディスプレイは16日、業界最小曲率となる1.4Rフォルダブル有機EL(OLED)パネルの商用化に成功したと発表した。

曲率(R)の値が低いほど、折り畳む部分に隙間が無くなることを意味する。サムスンディスプレイがリリースした1.4RフォルダブルOLEDは、現在までに商用化されたフォルダブル製品の中で曲率が最も低いという。

サムスンディスプレイのフォルダブルOLEDとしては第三弾となる同製品は、2,208×1,768の解像度に7.6インチサイズであり、前作より大きな画面となった。カバーウィンドウにはUTGを使用。折り畳む部分の曲率を1.4Rまで下げたことで、なめらかでスリムなフォルダブルスマートフォンをデザインできる。この製品は、サムスン電子が最近公開した「Galaxy Z fold2」に初めて適用された。

一般的に、複数のレイヤーで構成されるパネルは、折り畳み時に、パネルの前面には圧縮応力が、パネルの裏側には引張応力が同時に働く。これらの相反する力が衝突し、パネルの構造に影響を与えることを「折り畳みストレス」と呼ぶ。

折り畳みストレスは、曲率と密接な関連がある。折り畳むときの曲率が低いほど、パネルに働くストレスは高くなる。曲率が比較的低い折り畳みパネルが、曲率がより高いアウトフォールディング(外側に向けて折り畳む)パネルに比べ、開発難易度が高い理由である。サムスンディスプレイは、これらの折り畳みストレスを克服するために、パネルを折り畳んだときに、積層構造が外部の力を緩衝するよう、材料、設計、モジュールなどの技術を最適化したという。

1.4RフォルダブルOLEDは、スマートフォン使用時間が著しく増加する5G環境を考慮して、消費者の使いやすさも改善されたという。

グローバル認証機関であるビューローベリタス(BureauVeritas)において、1.4RフォルダブルOLEDは、折り畳みテスト20万回をクリアしたとのこと。また、ブルーライトの割合を業界最低水準の6.5%に下げた。

サムスンディスプレイの関係者は、「5G商用化によりコンテンツの使用量が急増する中で、新しいフォームファクタを通じた、差別化された使用経験の要求が高まっている」とし、「サムスンディスプレイが世界で初めて披露した1.4RフォルダブルOLEDは完璧に近いフォールディングを実装しながら、OLED独自の優れた画質を提供し、消費者にフォルダブルスマートフォンの新たな価値を提示するだろう」と明らかにした。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない