LGディスプレイが米政府に「ファーウェイへの輸出」許可を公式要請

Huawei P40
ディスプレイ 通商・特許

LGディスプレイが米政府に「ファーウェイへの輸出」許可を公式要請

LGディスプレイが米政府に対し、中国ファーウェイに対するディスプレイ部品の輸出を許可するよう公式要請したようだ。

韓国の通信社・ニューシス(16日)によると、LGディスプレイ関係者は、「前日午後、米商務省にファーウェイに対する輸出許可申請をした」と明らかにしたという。

LGディスプレイはファーウェイにスマートフォンOLED(有機発光ダイオード)などのパネルを供給してきたが、米国の制裁でファーウェイにディスプレイパネル駆動チップ(ドライブIC)が制裁対象に含まれたため、パネルを納品できなくなった。

これに先立って、サムスンディスプレイを始め、サムスン電子やSKハイニックスは、ファーウェイとの取引維持のためのライセンスを申請したと韓国各紙が報じている。

しかし韓国メディアでは、米政府が許可する可能性は大きくないというのが大方の見方だ。

15日にファーウェイに対する米国の追加制裁が発効したことを受け、サムスン電子、SKハイニックス半導体など国内半導体業界とサムスン·LGディスプレイなど国内ディスプレイ業界はファーウェイとの取引を中断した。

これまで、サムスンディスプレイやLGディスプレイは、ファーウェイに対し、スマートフォン向けOLEDパネルの一部を納入してきた。

ニューシスによると、「業者らは今回の特別許可申請とは別に、新規売上先を開拓したり、ファーウェイに代わる売上先を探すなど、供給先の多角化に乗り出している」と伝えた。
 
(参考記事:「サムスンディスプレイ、米政府にファーウェイへの輸出特別許可を申請か」)
(参考記事:「サムスンとSK、ファーウェイへの半導体輸出許可を米当局に要請か」)
(参考記事:「[特集]トランプ政権の対ファーウェイ半導体輸出規制拡大と展望(下)」)
 
(画像:ファーウェイのスマートフォン)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない