LG化学がEV電池部門の分社化を正式発表…12月に新法人発足

EV電池 企業

LG化学がEV電池部門の分社化を正式発表…12月に新法人発足

LG化学は17日、バッテリー(電池)事業を分社化すると発表した。新法人の名称は「LGエネルギーソリューション(仮称)」とされ、LG化学の100%子会社になるという。

LG化学はこの日、理事会を開催し、専門事業への集中によって企業価値および株主価値を向上させるため会社分割案を決議したと明らかにした。

これにより、LG化学は、来る10月30日に開催される臨時株主総会の承認を経た後、12月1日からバッテリー事業を担当する新設法人である「LGエネルギーソリューション(仮称)」を公式発足させる予定であると説明した。

新法人はLG化学が発行株式総数を保有する物的分割方式で行われる。

LG化学は、今回の会社分割について、「電池業界の急速な成長と電気自動車バッテリー分野の構造的な利益創出が本格化している現辞典が会社分割のタイミングであると判断した」とし、「会社分割により専門事業分野に集中することができ、経営効率も一層良くなることで企業価値と株主価値を一段と引き上げることができる」と説明した。

これと共に、分割方式である物的分割については、「新設法人の成長に伴う企業価値の増大が親会社の企業価値にも肯定的な影響を与え、R&Dの協力をはじめ、正極材などの電池材料事業との関連性など、両社間の相乗効果の利点を考慮した」と明らかにした。

LG化学は、新設法人の売上高目標を2024に30兆ウォン(約2.7兆円)以上とし、バッテリーを中心とする世界最高のエネルギーソリューション企業として育成する計画であるという。新設法人の今年の予想売上高は約13兆ウォン(約1.2兆円)である。
 

(写真:LG化学の電気自動車バッテリー=同社提供)

 
新設法人のIPO(株式公開)には、「現在、具体的に確定された部分はないが、今後継続的に検討していく予定」とし、「電気自動車の需要拡大に伴う設備投資資金は、事業活動から創出されるキャッシュを活用し、LG化学が100%の株式を保有することから、必要に応じてさまざまな方法で資金調達が可能である」と語った。

LG化学によると、現在、電気自動車バッテリー事業の受注残高は150兆ウォン(約13兆円)以上を確保しており、年間3兆ウォン(約2700億円)以上の施設投資が行われるなど、大規模な投資資金を適期に確保する必要性が高まっていたという。

LG化学は、今回の分割により、大規模な投資資金を誘致することができる基盤を確保することができ、事業部門別の独立した財務構造体制を確立して、財務負担を軽減することができるようになったと説明した。

LG化学は今後、新設法人において、バッテリー素材、セル、パックの製造および販売だけでなく、バッテリーのケア/レス/充電/再利用など、バッテリーのライフタイム全般において様々なサービスを提供する「E-Platform」の分野においても競争力を備え、世界最高のエネルギーソリューション企業として育成する方針であると強調した。
 

(画像:LG化学提供)
 
 
(参考記事:「LG化学、バッテリー事業の分社化案が再浮上」)
(参考記事:「今年1~7月の世界EV電池シェア、LG化学がシェア25%を占め1位を維持」)
(参考記事:「韓国証券社、LG化学株を「Strong Buy」に…今年より来年上半期が期待高い」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない