サムスン「KDDIと5G関連技術の共同検証に成功」と発表…国際標準規格を提案へ

その他

サムスン「KDDIと5G関連技術の共同検証に成功」と発表…国際標準規格を提案へ

サムスン電子は23日、日本の移動通信企業であるKDDIと、「5Gネットワークスライシング(Network Slicing)」技術の検証に成功したと発表した。

今回の技術検証は、東京に所在する研究所において、5G基地局と5G SA(Standalone)コア装置、試験用端末が活用され行われており、業界で初めて、サービスの状況に応じて基地局のリソースを効果的に制御する基地局インテリジェントコントローラ(RAN Intelligent Controller、RIC)を活用した。

「ネットワークスライス」は、物理的な移動通信網を多数の仮想ネットワークにスライスして構成し、超高速通信・超低遅延・超接続通信特性を最大限に活用することができる、5G移動通信における必須の技術である。

物理的なネットワークにおける画一化されたサービスポリシーでは、さまざまな要件を持つ5Gサービスを完全に保証することができないため、5Gネットワークスライシングの必要性が高まっている。

たとえば、同技術を利用することで、次世代通信サービスに代表される自律走行やクラウドゲーミング、産業用IoTなどのサービスにおいて、数ミリ秒(ms)のレベルの超低遅延と100%に近い信頼性を保証する仮想ネットワークを提供することができる。AR・VRストリーミング、超高画質映像ストリーミングなどのサービスにおいても、数百メガビット(Mbps)で数ギガビット(Gbps)の通信速度を保証する仮想ネットワークを提供することができる。

「5Gネットワークスライシング」技術が本格的に商用化されると、5G時代の中核サービスが大きく広がるものと期待される。

今回の検証によって、サムスン電子とKDDIは、高速仮想ネットワークと超低遅延仮想ネットワーク間を移動しても、品質が安定して確保されることを確認したという。

また、救急患者の搬送など緊急通信が必要な仮想ネットワークにリソースを割り当てるときなど、接続端末や通信データが増加しても安定した通信サービスを提供できることを確認したという。

サムスン電子とKDDIは、今回の検証結果をもとに、国際標準化団体において標準規格を提案する計画であるとのこと。

KDDI移動通信開発本部の要海 敏和本部長は、「今回の技術検証により、3月の商用化した5Gネットワークを通じて、新たな革新的サービスを発掘し、拡大する基盤を用意した」と述べ、「KDDIは、今後もサムスン電子と最新の技術を早期に導入し、加入者に最先端の通信環境とサービスを提供する」と述べた。

サムスン電子ネットワーク事業部GTS長キム・テヨン専務は、「《5Gネットワークスライシング》技術の検証は、多くの5G新規サービスの実現のための大きな飛躍」と、「今後も5G技術のリーダーシップに基づいて、真の5Gの可能性を実現するために主導的な役割をする」と述べた。
 
(参考記事:「5G通信機器、ノキアではなくサムスンを選んだベライゾン」)
(参考記事:「サムスンが「6G白書」を公開…次世代通信技術の主導に意欲」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない