米政府、インテルなどの対ファーウェイ輸出は承認…「二重基準」の理由は?

半導体 通商・特許

米政府、インテルなどの対ファーウェイ輸出は承認…「二重基準」の理由は?

米半導体メーカーのインテルが中国ファーウェイに一部製品を輸出できる許可を米政府から得たことが分かった。22日、内外メディアによると、インテルは同日、米政府からファーウェイと取引できるライセンスを取得したという。

インテルがファーウェイに具体的にどのような製品を供給できるようになったかは確認されていない。 ただ、インテル側はファーウェイのノート型パソコン事業と関連し、供給チェーンを稼動する計画だと付け加えた。

これに先立ち、米半導体企業であるAMDも、米政府から、「半導体輸出制限リスト」にある一部の企業(ファーウェイ含む)に製品を販売できるライセンスを受けると内外メディアが報じた。

朝鮮日報(23日)は、「IntelとAMDが取引許可を受けた項目はサーバー向けCPUとチップセットであることが確認された」と報じた。

同紙は、米国政府がインテルとAMDにファーウェイとの取引を承認した理由について、「米国政府はファーウェイ製品のラインナップを綿密に分析し、安全保障上のリスクが少ない部分では、取引を許可したものと分析される」とし、「主要なスマートフォンと通信機器事業は潰しつつ、付随的な事業であるファーウェイのサーバーおよびノートPC事業については、現状維持を保証することで、半導体販売での収益を確保するのだろう」と分析した。

ファーウェイとの取引については、サムスン電子とSKハイニクスなども米商務省に輸出許可を申請している状況だ。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない