サムスンDが次世代ディスプレイの商標を出願…「QNED」関連の可能性高い

ディスプレイ 通商・特許

サムスンDが次世代ディスプレイの商標を出願…「QNED」関連の可能性高い

サムスンディスプレイが、次世代ディスプレイの商標を出願した。ブランド名から、次世代ディスプレイ「QNED」のものである可能性が高い。

韓国特許庁によると、サムスンディスプレイは23日、「QDNED」、「NED」などの新しい商標を出願した。どちらの商標もディスプレイ用に指定されている。

QNEDは、ナノサイズの発光ダイオード(LED)を発光源として使用し、量子ドット素材で色を表現するディスプレイ技術だ。OLED(有機発光ダイオード)ディスプレイが抱えるバーンイン(burn-in)の課題が解消されたものであり、消費電力も少なく、寿命が長いとされる。
 

(画像:サムスンディスプレイが出願した「QDNED」の商標内容=KIPRIS)
 
サムスンディスプレイは、現在、来年量産を目標にQD(量子ドット)ディスプレイに力を入れている。一般にQD-OLEDと呼ばれる技術だ。QDディスプレイは、自発光ディスプレイという点でOLEDに似ているが、発光材料として有機物の代わりにナノメートル(nm)サイズの無機物である量子ドットを使用いる。QNEDは青色LEDを発光素子とする。OLEDよりストが安く、OLEDのバーンイン問題も解決することができると評価されている。業界では、サムスンディスプレイは以前からQDディスプレイとQNEDを並行して開発しているとみられてきた。

QNEDに関しては、最近、LG電子も商標を出願した。同社は7日、「QNED」、「QNLED」という名称で商標を出願している。8日には「NQED」の商標も出願した。
 
(参考記事:「[特集]行き先が「迷走」するサムスンDの次世代ディスプレイ・QD-OLED」)
(参考記事:「[特集] サムスンの次世代ディスプレイの研究 (上)」)
(参考記事:「LG電子が「QNED」関連の商標権出願…欧米豪で」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない