サムスン、イメージセンサー特許侵害で米ITCに提訴される

イメージセンサー 通商・特許

サムスン、イメージセンサー特許侵害で米ITCに提訴される

サムスン電子がイメージセンサーの特許侵害で米国際貿易委員会(ITC)に提訴された。

韓国のNEWS1は30日、米国のIT企業ピクトステクノロジー(Pictos Technologies)が25日(現地時間)に、関税法337条違反の疑いでサムスン電子をITCに提訴したと報じた。

米国関税法337条は、現地での商品の輸入および販売と関連し、特許権や商標などの侵害など不公正行為を取り締まる規定である。

NEWS1によると、提訴の対象は、サムスン電子の国内本社とニュージャージー州にあるサムスン電子米国法人、カリフォルニア州サンノゼにある米国法人など3ヶ所であるという。

同紙によると、ピクトス側は、「デジタルイメージング装置及びこれを含む製品とそのコンポーネント」と関連して、サムスン電子が自分の技術特許4件(特許登録番号6838651、7064768、7078791、7800145)を侵害したと主張しているとのこと。

NEWS1は、「ITCは関税法337条違反と関連した提訴を受理した後、約一ヶ月の検討の末、調査を開始するかどうかを決定することになる」とし、「もしITCの調査により、不公正貿易行為が確認された場合には、直ちに輸入及び販売禁止処分も下されることができる」と伝えた。

サムスン電子は、イメージセンサー市場で日本のソニーに次いで業界2位のシェアを有している。市場調査会社オムディアによると、今年第2四半期末のイメージセンサー(売上高基準)のシェアの推定値は、ソニーが42.5%、サムスン電子は21.7%であった。両社のシェア差は約20%となっており、一時40%近く開いていた差が縮小していた。

 
(参考記事:「韓国イメージセンサー企業、自動車向けパッケージ「NeoPAC Encap」を供給へ」)
(参考記事:「韓国でのイメージセンサー特許出願数、昨年263件…1位サムスン、2位ソニー」)
(参考記事:「サムスン、新たなモバイルイメージセンサー4種を発表…業界最小0.7μmピクセル活用」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない