フッ化水素の森田化学、純利益が対韓国輸出規制前の10分の1以下に

半導体 通商・特許

フッ化水素の森田化学、純利益が対韓国輸出規制前の10分の1以下に

日本による半導体素材の対韓国輸出規制(輸出管理強化)によって、日本のフッ化水素メーカーである森田化学工業が大きな損失を出していることが分かった。

森田化学工業が30日、日本の官報に公開した2019会計年度(2019年7月~2020年6月)の業績を聯合ニュースが確認したところ、純利益が前年度より90.19%減となる約7,867万円だった。
 
(参考記事:「森田化学、フッ化水素を半年ぶりに韓国へ出荷」)
 
輸出規制前となる2018会計年度(2018年7月-2019年6月)には、純利益が約8億164万円だったが、1年で1割未満に縮小した。
 

(画像:森田化学工業の2019会計年度決算情報=官報データベース)

 
韓国聯合ニュースによると、森田化学の関係者は聯合ニュースの電話取材に対し、「韓国に対する日本の輸出管理強化で半導体関連営業が不振となり、新型コロナウイルスの影響もあった」と述べたという。

森田化学による高純度フッ化水素の韓国への輸出は、今年に入って再開されているが、輸出規制前の水準に回復することはできていない。
 
(参考記事:「韓国政府機関、フッ化水素の品質評価設備を構築…「測定能力は世界最高水準」」)
(参考記事:「[特集]フッ化水素を内製化したSKグループ、半導体事業でさらなる動きも」)
(参考記事:「[特集]サムスンの株主総会で何が話されたか?スマホ・労組・ファウンドリ・フッ化水素」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない