ヒュンダイのEV火災事故、LG化学のEV電池に原因も…中国では「Kバッテリー」批判報道

その他 未分類

ヒュンダイのEV火災事故、LG化学のEV電池に原因も…中国では「Kバッテリー」批判報道

国土部「バッテリーセルの製造不良」・・・中国「Kバッテリーに傷をつける」報道が相次ぐ

先日、火災事故を起こした現代自動車の電気自動車「コナEV」(KONA EV)をめぐり、韓国国土交通省は8日、火災原因として、「バッテリーセルの製造不良による内部ショートの可能性」と言及した。同バッテリーを供給したLG化学にはネガティブな要因となる。

韓国の東亜日報は11日、「グローバルバッテリー1位の座を維持してきたLG化学の地位が揺らいでいる」とし、「8月に競合である中国CATLに市場シェアを逆転されたのに続き、中国現地では《Kバッテリー》を批判する報道も相次いでいる」と報じた。

同記事によると、中国官営放送の中国中央テレビ、新華社通信など現地メディアは「コナEVの不具合申告のうち80%がバッテリー関連」、「中国向けコナEVはLG化学バッテリーを使わない」など事故を詳しく報道し、「韓国で電気車の安全に対する憂慮が出ている」と指摘したという。

現代自動車側は8日、同車種のリコールを行うと国土交通省に伝えた。

韓国メディアによると、LG化学は国土部の発表以降、「現代自動車と共同で実施した再演実験では火災が発生していない。 火災の原因はバッテリーセルの不良だったと断定できない」と反論している。
 
(画像:iSttock)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない