韓国政府、水素自動車用の水素出荷拠点を建設支援…現行価格より20%安く供給へ

その他

韓国政府、水素自動車用の水素出荷拠点を建設支援…現行価格より20%安く供給へ

韓国の忠清南道・唐津(タンジン)に、水素自動車用の副生水素出荷センターが建設される。韓国産業省(産業通産資源部)が12日明らかにした。

来年初めに完成される予定であり、現在の水素ステーションに供給されている水素の価格より20%以上安くなるという。ソウル、京畿道、忠清南道、忠清北道と全羅北道の一部に最大2000トン(年間水素乗用車1万3000台分)が供給される計画だ。
 
(参考記事:「[特集]韓国の水素経済の現況と課題…水素自動車普及は世界1位も、インフラなど不十分」)
 
副生水素出荷センターは、近くにある現代製鉄(Hyundai Steel)から出る水素を貯蔵し、水素チューブトレーラーに高圧で積載する拠点となり、水素流通過程において必須の施設となる。
 

(画像:水素出荷センターの建設地=韓国産業省提供)

 
同出荷センターは水素ステーションを運営する水素エネルギーネットワーク社(ハイネット=HyNet)が運営し、産業省が出荷センターの構築に必要な資金支援と進行状況を全体的に点検するとのこと。忠清南道と唐津市は、許認可などの諸条件をサポートする。

一方、現代製鉄(水素製造)、グロービス(水素輸送)、ハイネット(充填所に水素供給)、SPG水素(水素流通アドバイザー)、ガス公社(水素流通担当)、現代自動車(水素商用車の開発と普及)は12日、 「水素自動車用水素流通産業発展のための協約式」を行った。

今回の協約を通じて各企業や機関は、生産から流通、供給に至るまでの専門知識に基づいて、「水素経済」の構築に協力していく計画だ。
 
(参考記事:「現代自動車、水素燃料電池システムをスイス企業などに輸出」)
(参考記事:「電気自動車・水素自動車・バッテリーのセミナー開催…ソウルで3日間」)
 


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない