韓国LG系列社、日本企業が独占する磁性素材・フェライトの開発に成功

研究開発

韓国LG系列社、日本企業が独占する磁性素材・フェライトの開発に成功

LGイノテック、OLEDの核心素材を国産化…日本との対決

日本企業が事実上独占してきた電子機器·自動車用磁性素材「フェライト」をLGグループの部品系列会社であるLGイノテックが開発したと発表した。同社は14日、「世界最高水準の性能で独自開発に成功した」とし、「早ければ来年初めにフェライトを量産し、グローバル電子機器·完成車ブランドに供給する目標」であると明らかにした。

フェライトは酸化鉄が主な原料である磁性素材だ。 粉末状のフェライトをタイル状に固めて活用する。 主にテレビ用パワーモジュールと車両用パワー·充電器などに適用し、電圧を変えたり電流波動で発生する不必要な信号を除去するのに使われる。 テレビ用ディスプレイパネルと車両用空調装置·オーディオに安定的に電力を供給する用途で使われる。

フェライトは1930年代、日本東京工科大学所属の加藤与五郎博士と武井武博士が発明した。 彼らはTDKを設立してフェライトの商業化を推進し、これまでフェライト市場はTDKをはじめとする日本企業がほぼ独占してきた。

LGイノテックは、日本製品より性能を向上させた高効率フェライトで、グローバル市場にも進出したい構えだ。

LGイノテックは最新の高効率フェライトが超薄型有機発光ダイオード(OLED)テレビはもちろん、軽量化が必要な電気·水素車にも適した素材になると期待している。 LGイノテックによると、同社のフェライトを使えばテレビ用パワーモジュールを9.9ミリまで減らすことができるとのこと。 LGイノテックは来年上期にフェライト量産を開始し、グローバル電子機器·完成車ブランドに供給する計画だ。

同社のペ・ソクCTO部門磁性部品タスク研究委員は、「LGイノテックだけの方法で重要な素材を短期間に内在化し、最高の性能と品質を備えた製品を顧客に安定的に供給できるようになり意義がある」とし、「磁性材料を活用して、顧客に差別化された価値を継続的に提供していくだろう」と述べた。

 
(参考記事:「「LGイノテック、iPhone向け光学ソリューション好調で10~12月に期待」と証券社分析」)
(参考記事:「LGイノテック、昨年R&Dに5337億ウォン」)
(参考記事:「LGイノテック、LED事業を売却」)
 
(写真:LGイノテックが発表した高効率フェライト=同社提供)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない