サムスンディスプレイ、フォルダブルパネルの環境成績表示認証を取得

スマホ ディスプレイ

サムスンディスプレイ、フォルダブルパネルの環境成績表示認証を取得

サムスンディスプレイは19日、自社のフォルダブルフォン(折りたたみスマホ)「Galaxy Z flip」モデルに搭載されているフォルダブルOLED(モデル名:AM670UH01)が「環境成績表示」の認証を受けた明らかにした。

「環境成績表示」は、原料の製造から製品の生産まで、生産の全過程において地球環境に与える影響を定量的に表示する韓国の国家公認制度である。

サムスンディスプレイは、過去’18年に「Galaxy S8」に搭載したOLEDパネルで認証を受けたことがある。「Galaxy S8」に搭載されたOLEDが4つの項目(カーボンフットプリント、酸性雨、富栄養化、水の足跡)について認証を受けたのに対し、今回のフォルダブルOLEDでは7つの項目について認証を受けた。追加された3つの項目は、「資源の足跡」、「オゾン層」、「スモッグ関連」の項目だ。今回の認証により、環境への影響の監視システムをさらに強固にしたという。

サムスンディスプレイは、生産の全過程にわたって水質や大気などの環境への影響を最小限に抑えるために、環境影響の低減の施設への投資を拡大していると説明した。空気質の影響を減らすため空調用ボイラーを高効率設備に交換し、ホコリや酸性雨の原因である窒素酸化物の排出量を低減し、製造工程内用水と原料を回収して再利用する施設を設置し、水の使用量の削減と同時に排出水の汚染度も下げた。特に新規工程では、排気分解設備を従来比で拡大し、地球温暖化を誘発する成分の排出を大幅に減らした。削減効果を二酸化炭素排出量に換算すると、年間2300トンのレベルであるという。

9月には、主要な生産拠点であるサムスンディスプレイの牙山(アサン)キャンパスにおいて廃棄物の埋め立てを最小限に抑えるため、リソース使用の削減とリサイクル技術の導入などの結果として、グローバル環境安全認証会社であるULから「廃棄物の埋め立てゼロ(Zero Waste to Landfill)」の分野で最優秀等級である「Platinum」を受けている。
 

(画像:韓国の環境成績表示)

 
サムスンディスプレイのグローバルインフラストラクチャ担当ナム・ヒョハク副社長は、「環境が最優先であるという原則に基づいて、会社の持続可能な経営のために、炭素排出と資源の節約技術の発掘と施設投資を着実に実践していく」と語った。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない