1台900万円で発売されるLGのローラーブルTV

ディスプレイ

1台900万円で発売されるLGのローラーブルTV

LG電子は20日、画面を巻き取れるローラーブル(Rollable)TVを販売すると発表した。製品名は「LGシグネチャーオーレッドR」(LG SIGNATURE OLED R、モデル名:RX)であり、韓国市場で販売される。出荷価格は1億ウォン(約900万円)となっている。

LG電子のソン・テギ常務は、「LGシグネチャーオーレッドRは、技術革新を一つの作品に昇華させた従来にはない製品」であるとし、「《誰もが羨望するTV》という品格にふさわしい消費者の経験を提供し、プレミアムTV市場でのリーダーシップを強固にすること」と述べた。

製品名の「R」は、革新的(Revolutionary)、ローラーブル(Rollable)、空間の再定義(Redefine the Space)という意味が込められているとのこと。
 

 
同製品は、画面が巻き込まれる程度に応じて、既存の定型化されたTVフォームファクタでは不可能であった様々な空間演出が可能であるという。 ▲画面全体を見ることができるフルビュー(Full View)▲画面の一部だけが露出されるラインビュー(Line View)▲画面を完全に収納するゼロビュー(Zero View)などで構成される。

ラインビューは、音楽、時計、額縁、ムードなど計5つのモードで使用することができる。たとえばムードモードを活用して、まるで家の中に焚き火を焚いたような雰囲気を演出することができる。

画面を完全に隠すゼロビューは、それ自体で、インテリアオブジェの役割をする。動きを感知するモーションセンサーを搭載し、ユーザーが近づくと照明効果を出す。同製品は4ゼロビュー状態でBluetoothスピーカーとして活用することも可能である。
 
(参考記事:「韓国LG電子による巻き取れるスマホ「ローラーブルフォン」、中国BOEと共同開発で来年初公開か」)
(参考記事:「LGディスプレイ、中国の地下鉄に透明OLEDディスプレイ供給」)
(参考記事:「ロレックスが韓国LGディスプレイ提訴、「ROLED」の商標権めぐり紛争続く」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない