韓国LGDが米ディスニーと有機ELで提携…映像編集などで協力

ディスプレイ

韓国LGDが米ディスニーと有機ELで提携…映像編集などで協力

LGディスプレイとウォルト・ディズニー・カンパニーが提携したことが分かった。

LGディスプレイは10月21日、ウォルト・ディズニー・カンパニーの子会社である「スタジオラボ(StudioLAB)」とOLED技術協力のための戦略的パートナーシップを締結したことを明らかにした。スタジオラボは、最先端映画撮影技法や編集技術などを研究している。
 
(参考記事:「LGDのOLED TV、国際認証機関テストで高評価…色再現性は最高レベル」)
 
両社は今回のパートナーシップにより、3年間、ディズニーの映像専門家のためのコンテンツ製作用OLEDテレビの協力(供給)を始めに、OLED技術とディズニーコンテンツを結合する多様なプロジェクトを通じて、ディズニーファンに目新しい視聴経験を提供する計画であると説明された。
 

 
LGディスプレイは、マーベル(Marvel)、ピクサー(Pixar)、フォックス(Fox)、ルーカスフィルム(Lucasfilm)などの親会社である「ウォルト・ディズニー・スタジオ」にコンテンツ製作用OLEDテレビを供給する。その初の事例として、LGディスプレイは「アベンジャーズ」シリーズで有名な「マーベル・スタジオ」に88インチサイズの「LG SIGNATURE OLED 8K」などを設置し、映画製作及び編集に使用されるOLEDテレビを供給する。カラーコレクションやCG編集においては、ディスプレイの映像性能が重要となるからだ。

OLED(有機EL)は自発光するディスプレイであり、色の正確性、コントラスト比、視野角などの性能がLCDに比して優れている。そのため、製作者が意図する色を具現できる最適のディスプレイとして評価されている。マーベル・スタジオはOLEDテレビを通じて、より完成度の高い映像美を具現する予定だ。

マーベル・スタジオの技術総括役のエディ・ドレイク(Eddie Drake)は「OLEDは映画製作者やファンに最高の経験を提供するために必要な画質を保証してくれる」と述べた。

また、両社はディズニーが運営する事業所に、透過(透明)OLEDなどの革新的OLED技術を体験できる空間を構築するなど、多様な協業プロジェクトを展開する予定だ。

OLEDテレビパネルはUL及びTUVなど、グローバル認証機関からブルーライト低減、フリッカーフリー認証などを獲得し、目にやさしいディスプレイと認められている。両社は、OLEDテレビの、目にやさしいイメージを強調できるプロモーションを共同で模索する計画だ。

LGディスプレイテレビ事業部長のオ・チャンホ副社長は、「世界的に愛されるコンテンツを作るディズニーと緊密な協力関係を構築することになった」と述べ、「OLEDテレビで製作したディズニーコンテンツの感動を家庭のOLEDテレビで完璧に再現できる機会になるはず」と期待した。

ディズニースタジオラボの革新パートナーシップ総括ディレクターのマシュー・デュエル(Matthew Deuel)は「OLEDを通じて革新的かつ創意的なコンテンツ開発がより加速化するはず」と述べ、「今後、LGディスプレイと共に披露する様々なプロジェクトに期待している」と述べた。
 
(参考記事:「[特集]LGDの今後の見通しを読む(カンファレンスコールから)」)
(参考記事:「LGディスプレイ、有機EL事業の売上が液晶を超える見込み」)
(参考記事:「LGディスプレイ、中国の地下鉄に透明OLEDディスプレイ供給」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない