ヒュンダイのEVカー、世界3大デザイン賞の一角で最優秀賞を受賞

その他

ヒュンダイのEVカー、世界3大デザイン賞の一角で最優秀賞を受賞

ヒュンダイの電気自動車が世界的なデザイン賞を受賞した。

ヒュンダイ自動車(現代自動車)は23日、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレンデザインセンター(Design Zentrum Nordhein Westfalen)が主管する「2020レッド・ドット賞(2020 RedDot Award)」におけるデザインコンセプト(Design Concept)分野のモビリティ・輸送(Mobility&Transportation)部門において、ヒュンダイの電気自動車コンセプトカー「プロフェシー(Prophecy)」が最優秀賞(Best of the Best)を、電気自動車コンセプトカー「45」と水素専用大型トラックコンセプトカー「ネプチューン(Neptune)」が本賞(Winner)をそれぞれ受賞したと発表した。

1955年に始まったレッド・ドット賞は、iF、IDEAデザイン賞と共に世界3大デザイン賞の一つとの評価を受けており、毎年、製品のデザイン、ブランド・コミュニケーション、デザインコンセプトの3つの分野に分けて公募を行い、各部門の受賞作を発表している。

今年のデザインコンセプトの分野では、20人の国際的な専門家たちが総4,170件の出品作を対象に、技術革新度、現実化の可能性、機能性などを総合的に評価して最優秀賞41作品と本賞188作品を選定した。

ヒュンダイ自動車によると、デザインコンセプト分野最優秀賞受賞を受賞するのは韓国製自動車としては初めてのことだという。

同社によると、去る3月に公開された電気自動車コンセプトカー「プロフェシー」は、「予言」を意味する車名を冠し、同社のデザイン哲学である「センシュアススポーティネス(Sensuous Sportiness)」をもとに、将来の電気自動車のデザインの方向性を提示したという。

同社は、「空気力学を考慮し、なめらかに整えた美しさと機能が調和した車体をもとに、長いホイールベース(車輪と車輪の間の距離)と短い前・後方オーバーハング(車輪の中心から車体までの距離)を備えたのが特徴である」と強調した。

昨年、ドイツのフランクフルトモーターショーで初めて披露したコンセプトカー「45」は、1970年代の航空機の設計からインスピレーションを受けたモノコック方式の車体を介して空気力学と軽量化を実現したとされ、「直線的で力強い線をもとに調和した外観で、ダイヤモンド形の印象を与えることが特徴ある」とのこと。

今回の受賞により、コンセプトカー「45」は、2月の「2020 iFデザイン賞」における製品デザイン(Product Design)分野の輸送デザイン(Automobiles / Vehicles)部門本賞(Winner)、9月の「2020 IDEAデザイン賞」における「自動車及び輸送(Automotive& Transportation)部門に次いで世界3大デザイン賞のすべて受賞した。
 
(参考記事:「韓国ヒュンダイがEV火災事故でLG化学に言及…LG側は「調査中」強調」)
(参考記事:「1~8月のEV車の世界シェア、韓国ヒュンダイが4位を維持…1位は米テスラ」)
(参考記事:「ヒュンダイが3.4兆ウォン追加引当金で赤字転落へ…品質不安など払拭狙う」)
 
(写真:ヒュンダイ自動車の「プロフェシー」=同社提供)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない