韓国SK系列社、分離膜事業に追加投資…生産量5.3億㎡→18.7億㎡で世界1位目指す

EV電池

韓国SK系列社、分離膜事業に追加投資…生産量5.3億㎡→18.7億㎡で世界1位目指す

SKイノベーションは29日、素材事業を手掛ける同社の子会社・SKアイテクノロジーが、ポーランドシロンスク県に建設中の分離膜工場に追加投資を行うと発表した。
 
(参考記事:「「唯一燃えてない」SKイノベーションのバッテリーは分離膜を内製」)
 
SKアイテクノロジーはポーランド工場に年間生産能力は約3.4億m2規模となる分離膜(LiBS; Lithium ion Battery Separator)の生産ラインを追加で建設する。同設備は2023年第1四半期の量産稼動を目標にしている。 SKアイテクノロジーは、すでにポーランドにおいて、2021年第3四半期の量産を目標に3.4億m2規模の分離膜生産ラインを建設している。

電気自動車市場の急速な成長に伴い大きく述べている分離膜市場において支配力を高めるのが狙いであると思われる。グローバル生産拠点を確保し、業界では今年の分離膜市場規模を約41億m2と見ている。 5年後の2025年には約159億m2規模になると予想されている。
 

(写真:分離膜製品を紹介するSKアイテクノロジー社員=同社提供)

 
SKアイテクノロジーは、中国、ポーランドなどのグローバル生産拠点の確保により、市場成長よりも速く生産能力を引き上げるとともに、プレミアム分離膜を製造することで、2025年には湿式分離膜市場でシェア約30%を占め、世界1位を固めたいと明らかにした。

SKアイテクノロジーはすでに韓国の忠清北道曽坪にある工場に、年間生産能力5.3億m2規模の分離膜生産ラインを保有している。ポーランドと中国に建設している新工場が順次稼動すれば、来年末の生産能力は約13.7億m2になる。今回の投資により、2023年末には合計18.7億m2規模の生産能力を備えることが予想される。これは、現在の3倍超となる数字だ。

SKアイテクノロジーによると、同社は現在、4マイクロメートルレベルの厚さで分離膜を作ることができ、世界トップクラスの技術であるという。髪の毛の太さが約100マイクロメートルであり、その25分の1の薄さとなる。

SKアイテクノロジーのノ・ジェソク社長は、「独自の技術競争力を基に、ビジネス競争力を強化する一方で、グローバルな生産拠点の構築と適時の増設を通じて生産能力を引き上げ、急速に成長する電池業界の生態系の活性化に寄与しつつ、SKイノベーション系列社のディープチェンジを成功させたい」と強調した。
 
(参考記事:「日本から韓国企業への特許訴訟増加、うち一件は旭化成と判明…二次電池分離膜をめぐり」)
(参考記事:「SKイノベーションのEV電池分離膜工場が本格稼働、旭化成などを追う」)
(参考記事:「日本から韓国企業への特許訴訟増加、うち一件は旭化成と判明…二次電池分離膜をめぐり」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない