SKイノベーション、Q3決算は赤字もEV電池は売上2.5倍の大幅増

EV電池 企業

SKイノベーション、Q3決算は赤字もEV電池は売上2.5倍の大幅増

SKイノベーションは30日、業績発表を通じて、2020年第3四半期の売上8兆4,192億ウォン(約7765億円)、営業損失290億ウォン(約27億円)を記録したと明らかにした。
 
(参考記事:「SKイノベーションの次世代電池、VWのEV「ID.4」に搭載へ…800km走行・10分充電」)
 
売上高は前四半期より1兆2,196億ウォン(約1125億円)(16.9%)増えた。 石油価格の回復により石油製品の価格が上昇し、石油製品と潤滑機の販売量が増加した。 また、今年ハンガリーや中国に新設したバッテリー海外工場の本格稼働に伴い、バッテリーの販売量が増え、売上高を押し上げた。
 

 
営業利益は前期対比営業損失幅を大きく改善し、黒字転換を目の前にしている。 損失幅を前四半期より4,107億ウォン(約379億円)減らして、290億ウォン(約27億円)の赤字を記録した。 石油と化学事業の市況は全般的に低迷しているが、原油価格の上昇により在庫に関する利益は増加した。

石油事業は営業利益が前期より4,715億ウォン(約435億円)増え、黒字転換して386億ウォン(約36億円)を記録した。 需要回復が遅れ、市況全般が低迷しているにもかかわらず、原油価格が上昇したことで、在庫関連利益として約2,967億ウォン(約274億円)発生した。

化学事業は、ナフサ価格の上昇による在庫関連利益にも関わらず、アロマティック系列市況が芳しくなく、スプレッドが縮小された。 また、燃料価格の上昇により変動費が増加し、営業損益は前四半期より1,216億ウォン(約112億円)減少し、534億ウォン(約49億円)の損失を記録した。

潤滑油事業ではコスト上昇によってマージンが減ったにもかかわらず、需要回復によって北米、欧州地域を中心に販売量が増加し、前四半期より332億ウォン(約31億円)増えた706億ウォン(約65億円)の営業利益を記録した。

石油開発事業では前期より62億ウォン(約6億円)増の180億ウォン(約17億円)の営業利益を記録した。 コロナ19の影響から脱し、売上は直前四半期の783億ウォン(約72億円)から第3四半期は1,276億ウォン(約118億円)へと大幅に回復したが、変動費用の上昇などで営業利益の改善幅は制限的だった。

バッテリー事業の売上高は4,860億ウォン(約448億円)で、前四半期の3,382億ウォン(約312億円)から1,478億ウォン(約136億円)(43.7%)増えた。 前年同期の売上高(1,899億ウォン、約175億円)に比べて、なんと2.5倍も増えた。 中国の常州とハンガリーのコマロムに新設した海外工場が本格的に稼動して販売量が増加し、売上高が大幅に増えた。 営業損失額はバッテリー販売量増加効果で前期より149億ウォン(約14億円)改善した989億ウォン(約91億円)を記録した。

中国塩城に建設中の中国第2工場が来年第1四半期から順次量産に入れば、さらに大幅な業績改善が実現する見通しだ。 この他にもSKイノベーションは▲9.8GWh規模のハンガリー第2工場を2022年第1四半期に▲米ジョージア州に建設中の9.8GWh規模の米国第1工場を2022年第1四半期、11.7GWh規模の第2工場を2023年第1四半期から量産稼動する計画だ。

素材事業の営業利益は、顧客企業の生産日程の調整によって一時的に販売量が減少し、ウォン高などの影響で前期より138億ウォン(約13億円)減少した299億ウォン(約28億円)を記録した。

分離膜事業では最近、攻撃的に海外設備を増設している。 すでに忠清北道曽坪(チュンチョンブクド・チュンピョン)に位置している工場で、5.3億㎡規模の年間生産能力を備えている。 中国、ポーランドなど海外で建設中の工場が順次稼働し、今年末の生産能力は8.7億㎡、2023年の生産能力は18.7億㎡に達する見通しだ。

SKイノベーションのイ·ミョンヨン財務本部長は「SKイノベーションは経営環境の不確実性に効果的に対処するため、バッテリー、素材など新規事業の確固たる定着を実現していく一方、既存事業でも絶え間ない体質改善と革新を持続していく」と述べた。
 
(参考記事:「「唯一燃えてない」SKイノベーションのバッテリーは分離膜を内製」)
(参考記事:「韓国SKイノ代表「我々はまだ火災案件ない」…ヒュンダイ車炎上などについて」)
(参考記事:「韓国SKイノベーションが大型資金調達….EV電池の分離膜事業で世界1位を目指す」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない