「ウォニックIPS、サムスン需要で半導体装置売上は来年67%増」韓国証券社

半導体

「ウォニックIPS、サムスン需要で半導体装置売上は来年67%増」韓国証券社

ハナ金融投資は5日、半導体装置で韓国第二位のウォニックIPS(WONIK IPS)について分析レポートを発表した。同社は先日、(東京エレクトロンが寡占する)メタルCVDの開発に成功したと報じられている。
 
(参考記事:「韓国2位の半導体装置メーカー、TELが寡占するメタルCVD装置を開発か」)
 
ウォニックIPSの3Q20(今年7~9月)の実績は市場予想を大きく上回った。売上高4,350億ウォン(約400億円/+ 43.5%Q / Q)、営業利益1,185億ウォン(約109億円/+ 131.2%)、当期純利益873億ウォン(約80億円/+ 146.3%)を記録した。

ハナ金融投資の半導体アナリストであるキム・ギョンミン首席研究委員は、「半導体製造装置の売上高1,591億ウォンのうち、DRAM、NAND、System LSI香り機器の売上高が、大きな偏差なく均等なレベルを記録し、ディスプレイ装置の売上高が2,759億ウォンで、中国向けのディスプレイ装置の売上高が2,000億ウォンを上回り、堅調だったと推定される」と評価した。

続けて、「ウォニックセミコン(Wonik TeraSemicon)合併後の営業利益が1,000億ウォン台初達成、営業利益が1,185億ウォンで推定(645億ウォン)を大きく上回った」とし、「暫定実績公示直後に一回限りの利益ではという問い合わせもあったが、完全に大規模な売上の達成に基づいたものであり、固定費のレバレッジ効果が大きく発生したものと推定される」と分析した。また、「ディスプレイ装置の売上高がほとんど過去のウォニッククテラセミコンの代表製品であるため、半導体蒸着装置と一緒に全社マージンに均等に寄与したものと推定される」と述べた。

キム首席研究委員は、ウォニックIPSがサムスンの設備投資の恩恵を受ける代表格としつつ、「2021年にサムスン電子がNANDとFoundry設備投資を前年比拡大する可能性が大きかったが、サムスンディスプレイのA5施設投資の可視性が抑制的であったため、これらの点がウォンイクIPS株価の足を引っ張った」と述べた。

ディスプレイ装置については、「サムスンディスプレイよりも、中国向けディスプレイ装置の売上高の割合がさらに高いが、象徴的な意味でA5施設投資の可視性が抑制的という点はウォニックIPSのようなハイブリッド(半導体50%、ディスプレイ50%)な機器供給会社の株価には不利だった」との見方を示した。

一方で、「これらの点が2021年にも変わらない定数となれば、むしろ、半導体装置の売上高の割合は、サムスン電子の設備投資に支えられ、相対的に67%まで増加する」と予想した。
 
(参考記事:「[特集]サムスンとも深い関係、ウォニックIPS社とは?業界2位の半導体装置大手」)
(参考記事:「ウォニックIPS、セメスのディスプレイ事業を一部買収へ…了解覚書交わす」)
(参考記事:「ウォニックIPSの好業績受け、証券各社も高評価」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない