ヒュンダイが米自動車ディーラーを提訴、「エンジン保証プログラム悪用」理由に

その他 通商・特許

ヒュンダイが米自動車ディーラーを提訴、「エンジン保証プログラム悪用」理由に

ヒュンダイ自動車の北米法人が現地ディーラーを相手に訴訟を行ったことが分かった。
 
(参考記事:「ベロダインが500ドル以下ライダーセンサーを発売へ…ヒュンダイが投資」)
  
韓国の自動車メディアなどによると、ヒュンダイ自動車の北米法人は最近、自社のシータエンジン保証プログラムを悪用して収益を上げたとされる現地ディーラーであるネイプルトンオートモーティブグループを相手に7万5千ドル以上の損害賠償訴訟を提起したことが分かった。

ネイプルトンは、ヒュンダイ、トヨタ・レクサス、BMW、メルセデスベンツ、ポルシェなど合計25ブランドの車両を販売しており、本社はイリノイ州にある。この会社は昨年3万6,053台の新車販売台数を記録したが、これは米国内の150のディーラーのうち17位に該当する。

ヒュンダイがフロリダウェストパームビーチ地区にある地方裁判所に提出した訴状によると、ヒュンダイ自動車は2015年からシータ2 GDiエンジンが搭載された車両のリコールを進行しながら、パワートレイン保証適用範囲を拡大した。

このような状況で、フロリダ州にあるネイプルトンウェストパームビーチ、ヒュンダイ自動車代理店が、少なくとも2016年から、特定の「ソナタ」と「サンタフェ」をオークションで購入した後、この車の虚偽の保証請求書を、ヒュンダイに提出した。請求書を受け取ったヒュンダイは販売代理店に賠償金を支払うか、または車両を再購入するように補償をしたという。
 
(参考記事:「韓国ヒュンダイのEV車所有者170人が集団訴訟…相次ぐ火災事故や対応不足に怒り」)
(参考記事:「[特集]世界各国で次世代車の普及生態系を構築する韓国ヒュンダイ」)
(参考記事:「韓国の「特許王」が日本企業などのLED特許侵害を示唆…台湾エピスターとは合弁解消」)
 
(写真:ヒュンダイのシータ2GDiエンジン)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない