日韓経済人会議が開催、福田元総理など出席…経済協力や懸案など議論 69年より52回目

通商・特許

日韓経済人会議が開催、福田元総理など出席…経済協力や懸案など議論 69年より52回目

日韓の経済協力ネットワーク構築や懸案を議論するため、「第52回日韓経済人会議(韓日経済人会議)」が27日開催された。同会議は1969年から毎年開催されている民間経済会議であり、日本の経済協会と韓国の韓日経済協会が共同主催する。毎年、日韓で交互に開催しているが、今年は新型コロナウイルス感染症拡散防止のためにビデオ会議方式で行われた。(日本側主催会場はホテルオークラ)
 
(参考記事:「韓国の経団連、駐韓日本大使に輸出規制緩和を要望…経済効果は8.7兆円」)
 
この日の会議には、両国の経済界を代表する企業や政策担当者、政治家など200人余りが参加した。韓国側はパク・キヨン産業省(産業通商資源部)通商次官補、キム・ユン韓日経済協会会長、ナム・グァンピョ駐日韓国大使などが出席名簿に名前を連ねた。日本側は佐々木幹夫日韓経済協会会長、額賀福志郎日韓議員連盟会長、福田康夫元内閣総理などである。

韓国メディアによると、パク次官補は、「韓日関係が困難な状況に置かれているが、両国間の経済交流は関係を支える役割をしてきた」とし「今後も揺らぐことなく持続されなければならない」と述べた。

両経済協会が発表した予定によると、日本側から十倉雅和住友化学㈱代表取締役会長が、韓国側からホン・ソクヒョン韓日ビジョンフォーラム代表が基調講演を行う。

全体会議では、日本側から井水治博日刊工業新聞社代表取締役社長と藤吉優行韓国三菱商事㈱代表理事社長が、韓国側からチョン・グヒョン=サムスン経済研究所前所長とパク・スンチャン現代自動車常務理事が発言者として傘下する予定となっている。
 
(参考記事:「[特集]拍車のかかる米の対中制裁、困る日韓の半導体企業」)
(参考記事:「日本人技術者37人と韓国企業25社が面会…日韓産業技術フェアが開催」)
(参考記事:「韓国のクレジットカードサービス、日本との提携解消が相次ぐ」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない