韓国の造船企業、自律運行船舶の技術開発進める…欧米のリードに危機感

未分類

韓国の造船企業、自律運行船舶の技術開発進める…欧米のリードに危機感

韓国の造船業界で自動運行船舶の技術開発に拍車がかかっているようだ。

韓国のフィナンシャルニュースは、同技術では欧米企業がリードしており、現在造船市場でトップを走る韓国企業も安泰ではない。自動運行船舶の市場規模が203年に155兆ウォン(約14.6兆円)になると予想されるなか、韓国企業も危機感を持っており、同技術の開発に拍車をかけているという。

現代重工業はすでに2011年、船舶エンジンや制御機、各種機関などの運行情報を衛星でモニタリングし、遠隔診断や制御できるスマートシップを世界で初めて披露した。現在まで計400隻あまりのスマートシップを受注しているとされる。スマートシップ受注関連の船舶デジタルの今年の目標値である1600万ドル(約16億6000万円)も達成した。今年に入り人工知能(AI)と拡張現実(AR)技術を基に、航海者に危険などを知らせるシステム「ハイナス(HiNAS)」を25万トンのバルク船に世界で初めて搭載するなど、開発を急いでいる。

大宇造船海洋は、中長期的にスマートシップを超え、自動運航船舶の開発のためにデータ分析を専門的に行い、生産状況をリアルタイムで把握して情報や知能化するスマートシップ分野の研究専門組織を運営している。玉浦(オッポ)造船所内のエネルギー実験センターと始興(シフン)研究団地を通じで再起化設備モデルを完成、また活用して「無人船舶」の研究に拍車をかけている。

サムスン重工業は、国内造船会社の中で、最も早く自動運航船舶の実現化に近づいている。先月、巨済(コジェ)造船所付近の海上で長さ38メートル、重さ300トン級の実際の船舶を遠隔・自動運航するのに成功している。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない