無線充電の特許は韓国勢が席巻…トップテンに4社 日本は0社

通商・特許

無線充電の特許は韓国勢が席巻…トップテンに4社 日本は0社

サムスン電子、「無線充電」特許の世界1位… LG・現代自動車トップ10

サムスン電子が全世界で「無線充電」(Wireless charging)関連技術の特許を最も多く保有していることが分かった。

韓国の「ニュース1」は30日、ドイツ特許専門市場調査会社アイプリーティクス(IPlytics)の報告書を基に、サムスン電子がワイヤレス充電(Wireless charging)技術の特許523件を保有し、グローバル1位となったと報じた。

これは、サムスン電子が2010年から今年まで、全世界の特許当局に登録された携帯電話の無線充電関連技術全てを合わせたものであるという。無線充電は機器にコードを接続していなくても、内蔵バッテリーを充電する技術を指す。スマートフォンの普及拡大も相まって、最近注目度が高くなっている。

IPlyticsによると、米国の通信チップの専門企業であるクアルコムは、ワイヤレス充電の特許484件を保有しサムスン電子に次ぐ2位を占めているとのこと。韓国を代表する電子メーカーであるLG電子が226件の特許を保有し3位を記録した。 LG電子の子会社であるLGイノテックも209件で4位に上昇した。

このほか、Δアップル(191件)Δインテル(179件)Δワイトリーシティ(148件)Δフィリップス(139件)Δヒュンダイ自動車グループ(119件)Δファーウェイ(80件)などが「トップ(TOP)10 」にランクインした。ヒュンダイグループ所属の起亜自動車は75件で11位となった。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない