韓国の11月輸出が好調…半導体・携帯・電池・家電・自動車・船舶・バイオヘルスなど増加

通商・特許

韓国の11月輸出が好調…半導体・携帯・電池・家電・自動車・船舶・バイオヘルスなど増加

11月の韓国の主力輸出品のうち、▲半導体▲ディスプレイ▲無線通信機器(携帯電話)▲二次電池(電気自動車バッテリー)▲家電▲コンピュータ▲バイオヘルス▲自動車▲自動車部品▲船舶など10品目の輸出が増加したことが分かった。。

半導体は、輸出が5カ月連続増加した。二桁の増加が3ヶ月連続で続いている。特に、システム半導体の累積輸出額は過去最高の実績の過去2018年の年間の数値を越えて輸出上昇を導いた。コンピュータ・周辺機器に分類されているソリッド・ステート・ドライブ(SSD)の輸出も14ヶ月連続で増加した。

産業省は、「サーバーの需要が在庫調整に鈍化が予想されるが、携帯電話の新製品の発売とシェア競争によるモバイル用需要の回復にメモリ・アプリケーション・プロセッサ(AP)・イメージセンサー輸出が増加した」とし、「コロナ長期化に伴う在宅勤務とオンライン教育の需要継続的にノートパソコン用の半導体輸出も好調を見せた」と話した。

ディスプレイは、最近不振を挽回し、輸出増減率と輸出額の両方で、今年最高値を更新した。先月26ヶ月ぶりの黒字転換以降2カ月連続で増加します。液晶表示装置(LCD)は、OLEDへの事業転換による生産縮小に輸出は小幅減少した。一方、OLEDは、ノートPC・TV向けの需要拡大と新規スマートフォン発売の効果により史上最高の輸出額を記録した。

無線通信機器は、携帯電話と携帯電話の部品の両方の輸出が増加し、4ヶ月ぶりにプラスに転じた。産業省は「長引くスマートフォンの交換サイクルと国内企業中低価製品群の拡大で国内生産の割合が高い《フラッグシップラインナップ》の出荷が減少傾向」としながらも、「世界第2位のスマートフォン市場であるインドでは国内企業がシェア1位を達成しながら、無線通信機器の輸出は増加に転じた」と説明した。

また、韓国の「新輸出成長動力品目」とされるバイオヘルス・二次電池・化粧品・農水産食品・プラスチック製品・精密化学原料・ロボット輸出が同期間にすべて黒字を記録したことが分かった。特に、バイオヘルスは15ヶ月連続のプラスを記録し好調をみせている。昨年4月以降、急な上昇を見せたコロナ診断キットは、最近の実績である10月に輸出額が9月に続き2カ月連続過去最高を更新した。

自動車の輸出は、スポーツユーティリティ車(SUV)とエコカー輸出の割合の増加で1年ぶりに3ヶ月連続の増加を示した。船舶輸出は主力船種である液化天然ガス(LNG)などの輸出通関好調の効果により4ヶ月ぶりに増加した。家電輸出は、米国など主要市場のピークに伴うTVの需要拡大と欧州での非対面販売強化に5カ月連続で増加した。


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない