韓国政府がガスタービンの競争力強化へ…特許数は近年急増し三菱やGEを圧倒

研究開発

韓国政府がガスタービンの競争力強化へ…特許数は近年急増し三菱やGEを圧倒

韓国政府がガスタービンの韓国型標準の構築などの競争力強化策を発表した。ガスタービンに関しては近年、韓国企業による特許申請が増えており、国産化の動向などが注目される。
 
(参考記事:「ガスタービン国産化進める韓国、特許出願数で三菱やGEを圧倒…韓国政府も支援」)
 
韓国産業省(産業通商資源部)は30日、韓国中部発電のソウル発電本部において産学研関係者らとガスタービン産業の競争力強化のための懇談会を開催し、競争力強化策を発表した。

産業省は、生態系の基盤造成のための初期雇用の創出、カーボンニュートラルの目標を達成するための技術開発の高度化、高付加価値の核心素材部品の競争力の向上、地域産業の生態系インフラの構築など4大推進戦略を提示した。

まず、来年から複合発電の性能・機材規格などを標準化する「韓国型標準複合発電モデル」を開発する。2030年までに15基の段階的実証事業を推進し、約4兆4000億ウォン(約4176憶円)規模のガスタービン市場を創出する計画だ。実証事業は発電企業が老朽化した石炭発電をLNG発電に切り替える場合、あるいは30年の寿命が到来したLNG発電を代替する場合を対象に行われる。

また、高効率ガスタービン技術の確保のために、既存のモデル(複合効率60%)の効率を高めた後続モデルの開発のための研究開発も進めている。中長期的には、グローバル市場をリードすることができる超高効率級(複合効率65%以上)、ガスタービンの開発研究開発(2024~2028年)に乗り出す計画だ。

地域別にみると、ガスタービン関連341社のうち71%が分布した釜山・蔚山・慶南地域を中心に、ガスタービン産業革新クラスターの基盤を造成する。慶南昌原を中心に、ガスタービンの開発、パフォーマンスなどを検証する「ガスタービンの試験研究所」を構築し、中小企業の技術隘路を解消する「技術サポート事業団」も運営する予定である。

現在、世界の発電用ガスタービン市場は、米国、ドイツ、日本など一部の国が市場全体の96%を占めている。韓国は、ガスタービンと核心部品をすべて海外に依存している状況だ。

ソン・ユンモ産業部長官はこの日の懇談会で、「エネルギー変換過程で安定した電力需給を維持するため、しばらくLNG発電を拡大する必要があり、このためにガスタービンの技術自立化が急がれる」と明らかにした。また、「産学研間の連帯と協力を通じて、生態系をよく構築していけば、中長期的に水素発電でのエネルギー転換と2050年のカーボンニュートラル社会に出る頑丈な足がかりになるだろう」と述べた。

韓国特許庁によると、発電用ガスタービンの特許は、2010年代初頭(’10〜’13年)は年平均100件程度だったが、最近(’15〜’19年)は、年平均200件と大幅に増加した。特に、斗山重工業が三菱とのライセンス契約が満了した’17年前後の3年間384件を出願し、同期間の三菱(158件)、ゼネラル・エレクトリック(101件)、シーメンス(41件)のそれを大きく上回ったことが分かっている。

 
(参考記事:「韓国政府、日本による「特許攻撃」に対応のため専門組織を設置…国産化によるジレンマ」)
(参考記事:「韓国政府、セラミック産業の国産化のためAIプラットフォーム構築」)
(参考記事:「韓国政府、フッ化水素など国産化中小企業100社を選定…事業化資金やファンド支援」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない