サムスンディスプレイ、新代表にQDディスプレイ開発担当者が就任

ディスプレイ 企業

サムスンディスプレイ、新代表にQDディスプレイ開発担当者が就任

サムスンディスプレイが定期社長団人事で、サムスンディスプレイ大型ディスプレイ部門のチェ·ジュソン事業部長(副社長)をサムスンディスプレイ代表取締役(社長)に選任した。(大型ディスプレイ事業部長兼任)
 
サムスンディスプレイがLCD生産延長を検討表明、QDディスプレイは計画通り推進
 
サムスンディスプレイは2日、取締役会を経て2021年度の定期社長団人事を確定し、社長2人(昇進)の人事を行ったと発表した。

サムスンディスプレイのチェ·ジュソン新代表取締役は1963年生まれで、韓国科学技術院(KAIST)の電子工学修士·博士課程を修了した半導体設計分野の専門家だ。

2004年、サムスン電子に入社し、メモリー事業部DRAM開発室長、メモリー事業部戦略マーケティングチーム長、DS部門米州総括、サムスンディスプレイ大型ディスプレイ事業部長など、主要ポストをくまなく歴任した。

サムスンディスプレイ側は「チェ·ジュソン代表取締役社長は半導体設計分野の専門家で、今年1月からサムスンディスプレイ大型ディスプレイ事業部長を務め、クォンタムドット(QD)ディスプレイの開発を導いてきた」とし、「今回の昇進と共に半導体成功のノウハウと経験を基にディスプレイ事業の一流化と新たな跳躍を導いていくものと期待される」と伝えた。

チェ·ジュソン新任代表取締役の主な略歴は以下のとおり

-1963年生まれ
-ソウル大学電子工学(学士)、韓国科学技術院電子工学(修士·博士)
-サムスン電子入社(2004年)
-メモリー事業部DRAM開発室長(2011年)
-メモリー事業部戦略マーケティングチーム長(2014年)
-DS部門米州総括(2017年)
-サムスンディスプレイ大型ディスプレイ事業部長(2020年)
 
 
(参考記事:「[特集] サムスンの次世代ディスプレイの研究 (上)」)
(参考記事:「[特集] サムスンの次世代ディスプレイの研究 (下)」)
(参考記事:「サムスンDがQD-OLEDパネルを中国TCLに供給か…韓国紙報じる」)
 
(写真:サムスンディスプレイのチェ・ジュソン新代表取締役=同社提供)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない