韓国のコロナ診断試薬の輸出が急増…170カ国・5億人・2400億円分を出荷

通商・特許

韓国のコロナ診断試薬の輸出が急増…170カ国・5億人・2400億円分を出荷

韓国の食品医薬品安全省は4日、新型コロナウイルスの診断試薬の輸出状況について発表し、11月までに約5億人分の量が輸出されと明らかにした。
 
(参考記事:「韓国の防疫モデルがISOで国際標準に制定…コロナなど診断検査方式などを定義化」)
 
発表によると、韓国企業による輸出用の新型コロナウイルス診断試薬は、現在、221の製品(遺伝子105、抗原44、抗体72)が輸出用製品として許可されており、全世界170カ国以上に、合計4億9,679万人分が輸出(※11.30基準)されたという。

韓国関税庁によると、今年初めから11月までに、総輸出額が約2兆5千億ウォン(約2400億円)となっており、輸出が急増しているとことが明らかになった。
 

(画像:韓国の1~11月の新型コロナウイルス診断試薬の輸出状況=
 
今年4月から本格的に始まった輸出は、7月以降の感染者急増に応じて急上昇をみせ、10月と11月に相次いで輸出最高値(月別基準)を更新した。

輸出国別に見ると、インド(15.6%)、ドイツ(13.2%)、オランダ(9.6%)、イタリア(7.8%)、アメリカ(5.2%)などの順で、上位5カ国が輸出額全体の50%以上を占めた。

輸出相手国数も、1〜3月の83カ国から11月までの合計170カ国以上に拡大した。

食品医薬品安全省は、新型コロナウイルスの診断試薬の輸出は、今年に新たに創出された輸出成果であるとして、国際的にパンデミック対応において模範と認められた「K-防疫」の効果でもあると強調した。
 
(参考記事:「中国の輸出管理法施工、韓国企業への影響も懸念」)
(参考記事:「韓国政府、ホワイトバイオの開発促進へ…低炭素とゴミ問題解消 海外市場も開拓」)
(参考記事:「LG化学、欧州復興銀からサステナビリティ評価され表彰…持続可能エネルギー部門最優秀賞」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない