ヒュンダイのEV車、今度はドイツでリコール…火災事故を受け、各国で回収つづく

その他

ヒュンダイのEV車、今度はドイツでリコール…火災事故を受け、各国で回収つづく

ヒュンダイ自動車が、自社のEV車「コナEV」のリコールをドイツで実施することが分かった。
 
(参考記事:「ヒュンダイにつづき起亜自動車も米国リコール…約30万台」)
 
「コナEV」は、相次ぐ火災事故により、すでに韓国や米国、メキシコなど世界で約7万7千台のリコールを行っている。

対象車両は2018年1月31日から2020年3月20日の間に韓国で生産された、欧州で販売された39kWh級と64kWh級バッテリーを装着した5,790台が該当する。

ヒュンダイ自動車はチェコ工場で生産された「コナEV」は今回のリコールから除外されると明らかにした。

リコールの理由は、リチウムイオン電池の特定のセルが損傷し、高電圧バッテリーがショートする危険があるためと説明された。

ヒュンダイ自動車は、車両のバッテリー管理ソフトウェア(BMS)を実施する予定である。
 
(参考記事:「火災相次ぐ韓国ヒュンダイのEV車、今度はブレーキに欠陥…150kmで壁に衝突し重傷者も」)
(参考記事:「[特集]ヒュンダイ自動車がEV用プラットフォーム「E-GPM」を公開」)
(参考記事:「ヒュンダイにつづき起亜自動車も米国リコール…約30万台」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない