SKハイニクスが176段NAND型開発発表…マイクロンに次ぎ二番目 サムスンは来年量産か

半導体

SKハイニクスが176段NAND型開発発表…マイクロンに次ぎ二番目 サムスンは来年量産か

SKハイニクスが業界最高記録にならぶ176段512Gb(ギガビット)TLC 4D NAND型フラッシュを開発したと7日明らかにした。 176段NAND型開発は、米国の半導体企業マイクロンに続いて二番目の達成となる。 NAND型フラッシュは、電源を切っても情報が保存されるメモリー半導体だ。
 
(参考記事:「[特集]インテル・DDR5・EUVなど…SKハイニクスの見通しを読む(カンファレンスコール)」)
 
SKハイニクスが、今回開発した176段のNAND型は第3世代4D製品である。業界最高水準のウェハ当たりの生産チップ数を確保することに成功した。ビットの生産性は以前より35%高めた。データの読み取り速度が前の世代よりも20%速くなり、データ転送速度も33%改善した。

SKハイニクスは、来年半ばには176段4D NAND型を活用し、最大読み取り速度が70%、最大書き込み速度が35%向上する消費者用SSDとエンタープライズSSDを順次リリースする予定だ。

半導体業界は、成長性の高い3D NAND型フラッシュ市場の主導権を握るための戦いを繰り広げている。マイクロンは、先月韓国のサムスン電子とSKハイニクスに先駆けて176段3D NAND型フラッシュを世界で初めて量産した。サムスン電子とSKハイニクスは現在128段のNANDを納品している。

世界のNAND市場1位のサムスン電子も来年量産を目指し、従来の128段を超える「第7世代V NAND型」を開発している。
 
(参考記事:「マイクロンDRAM工場で停電…サムスンSKハイニクスの株価上昇」)
(参考記事:「インテル事業買収の司令塔、SKハイニクスの副会長に就任」)
(参考記事:「[特集]SKハイニクスがSSDで世界1位、NANDで世界2位に…インテル事業買収で」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない