サムスンが「TV最終兵器」マイクロLED TVを家庭用で発売…110インチ1630万円

ディスプレイ

サムスンが「TV最終兵器」マイクロLED TVを家庭用で発売…110インチ1630万円

サムスン電子が「マイクロLED TV」110型の新製品を10日公開した。2018年より商業用として販売していたマイクロLED TV。今回、家庭用として初めて販売されることになる。
 
(参考記事:「サムスンが「TV最終兵器」マイクロLED TVを来月家庭用で発売か…110インチ900万?」)
 
サムスンはLGがパネルを独占する有機EL TV(OLED TV)に対抗し、QDやQNEDなどのディスプレイを開発中とされるが、本命はマイクロLEDとみられていた。技術的にも高度であることから、韓国メディアなどでは「TV最終兵器」と称されることも。ただし、製造コストが高いため、一般家庭用への量産はまだ先になるとみられる。今回公開されたマイクロLED TVも家庭用として販売されるが、価格は1億7千億ウォン(約1630万円)と高価であり、まずは富裕層がターゲットだ。

次世代ディスプレイとして挙げられるマイクロLEDは、マイクロメートル(㎛)単位の超小型LEDを利用し、バックライトやカラーフィルターなどの構造をなくし、LED自体が自ら光と色を出す真自発光TVとなる。

マイクロLEDのRGB(Red、Green、Blue)素子は、従来のTVディスプレイとは異なり、各素子が光と色の両方自ら出す唯一の製品で、自然のままの色を体験することができる。特に、800万個を超える各RGB素子が別々に制御されるので、画面の明るさや色を非常に精密に表現することができる。

また、マイクロLED TVは鉱物素材を使用している。無機物素材は、有機物素材とは異なり、寿命が10万時間に至るため、画質劣化や、バーンイン(Burn-in)気にせず長く使用することができる。
サムスン電子によると、今回の新製品は、サムスン電子の半導体事業で蓄積された最高の実装技術を取り入れたとされ、従来製品に比べて、より細かく正確な素子の配列を実現したという。今回の110型よりも小さいサイズの製品を作る技術もすでに確保したと説明された。

マイクロLED TV 110型の出庫価格は1億7千万ウォンで、12月中に予約販売を行い、来年第1四半期に本格的に発売予定である。

サムスン電子映像ディスプレイ事業部のハン・ジョンフイ社長は「現存する最高のディスプレイ技術が集約されたマイクロLED TVを披露することになりうれしい」とし、「マイクロLED TVは、従来のTVとは次元が異なる革新的な技術により、新しいディスプレイのスタートになるだろう」と述べた。
 
(参考記事:「マイクロLED市場、2027年に1670万台出荷規模に」)
(参考記事:「[特集] サムスンの次世代ディスプレイの研究 (上)」)
(参考記事:「[特集] サムスンの次世代ディスプレイの研究 (下)」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない