猛スピードで進む韓国製造業の高齢化、日本の製造業の約3倍速い…経済成長低下の要因に

その他

猛スピードで進む韓国製造業の高齢化、日本の製造業の約3倍速い…経済成長低下の要因に

韓国経済研究院(KERI)によると、出生率の低下などによる高齢化により、韓国製造業の人材構造が急速に高齢化していることが分かった。高齢化が進む日本よりも、製造業での高齢化が急速に進んでいることから、韓国経済の成長潜在力が急速に低下するとの指摘が出ている。
 
(参考記事:「[特集]日米などと比べて規制範囲の広い韓国の流通規制」)
 
韓国経済研究院によると、最近20年間(1999〜2019年)における韓国と日本の製造業高齢化の推移を比較した結果、韓国の製造業労働者の平均年齢は、1999年には35.5歳だったのが2019年には42.1歳と6.6歳分高くなったのに対し、日本は40.4歳から42.7歳へと2.3歳分上昇したという。

韓国の製造業の労働者は、増加幅基準で、日本に比べ2.9倍の速さで高齢化していると韓国経済研究院は指摘した。 1999年時点での韓国の製造業の労働者は日本よりも4.9歳若かったが、2019年には差が0.6歳まだ縮小した。

韓国経済研究院は過去20年間の統計を基に、2022年から韓国製造業の労働者が日本よりも高齢化すると推定している。

韓国経済研究院のチュ・グァンホ経済政策室長は、「(韓国の)主力産業である製造業の急速な高齢化は、生産性の低下に伴う潜在成長率の低下を引き起こし、特に韓国の号俸(ごうほう)中心の賃金体系と労働市場の硬直性を考えると、企業の人件費負担の新規採用余力の減少につながる」と憂慮した。
 
(参考記事:「韓国政府、ナノ・素材の源泉技術開発に270億円超投じる」)
(参考記事:「[特集]韓国の水素経済の現況と課題…水素自動車普及は世界1位も、インフラなど不十分」)
(参考記事:「[特集]内製化すすむ中国、製造業拡張の米国、日韓は? コロナ以降のバリューチェーン変化」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない