韓国と米国が6兆円超の通貨スワップ契約を延長

通商・特許

韓国と米国が6兆円超の通貨スワップ契約を延長

韓国が米国と交わした600億ドル(約6兆2100億円)規模の通貨スワップ契約が来年9月まで6ヵ月間延長されることが分かった。
 
(参考記事:「韓国のクレジットカードサービス、日本との提携解消が相次ぐ」)
 
17日、韓国銀行は米国連邦準備制度理事会との現行通貨スワップ契約満了時期を、これまでの来年3月31日から9月30日まで6ヵ月延長することにしたと明らかにした。

通貨スワップとは有事の際に自国の貨幣を預け、あらかじめ約定しておいた為替レートによって相手国の通貨を借りてくる契約である。実質的に、米国による外貨の融通支援である。

これに先立ち韓国銀行は3月19日に米連邦準備制度理事会と600億ドル限度の通貨スワップ契約を締結した。さらに、7月30日に一度契約を延長した後、今回再び契約を延長した。通貨スワップの規模(600億ドル)と条件はこれまでと同じだ。

両国間の通貨スワップは、新型コロナウイルス感染症の拡大により世界経済が不安視されたなか、今年3月に最初に締結された。新型コロナウイルスの勢いが再び増すなか、通貨スワップの延長発表は、韓国社会に少なくない安堵感をもたらすとみられる。

韓国銀行は3月29日から韓米通貨スワップ資金を活用し、競争入札方式で国内銀行への外貨融資を実施しており、計6回にわたって198億7200万ドル(約2兆1000億円)を供給した。韓国銀行は、為替が安定したことから、7月30日付けで通貨スワップ資金を全額償還し、現在供給残額はないと説明している。
 
(参考記事:「韓国と米国がハイテク産業の標準化会議開催…AI、量子技術、未来社など」)
(参考記事:「ヒュンダイにつづき起亜自動車も米国リコール…約30万台」)
(参考記事:「韓国に直接影響か? 米議会がファーウェイ使用国への米軍派兵を見直しも」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない