LGとインドネシア政府がバッテリー協力でMOU締結…具体内容伴わず?

EV・バッテリー

LGとインドネシア政府がバッテリー協力でMOU締結…具体内容伴わず?

LGエナジーソリューションとインドネシア政府がバッテリー協力でMOUを締結した。
 
(参考記事:「韓国とインドネシアがEPA締結…RCEP以上の撤廃率で自由化へ」)
 
韓国メディアなどによると、18日、ソウル中区(チュング)のホテルで、ソン·ユンモ産業省長官、キム·ジョンヒョンLGエナジーソリューション社長、バハリラハダリア·インドネシア投資部長官が出席し、MOU締結式を行った。

インドネシア側は、韓国と包括的経済パートナー協定(CEPA)の正式署名行事のために訪韓していた。

インドネシアは、バッテリーに使われるニッケルやコバルト、マンガンの生産国だ。 双方は、北マルクなどニッケル鉱山採掘事業から製錬産業、電気自動車用バッテリー生産工場に至るまで、パッケージディールを交渉中だという。 LG商社とポスコもこのプロジェクトに参加する見通しであると韓国メディアは伝えている。 LG側の投資額は2兆ウォン(約1882億円)前後という観測も出ている。

一方で、LG側はこれまで、インドネシアとの間で確定した事項がないとの立場であったが、インドネシア側の強い要請などにより同日急遽式典が決まったとの見方も伝えられている。LGエナジーソリューションはMOUが拘束力のない包括的協力に関する内容であると説明しているという。
 
(参考記事:「インドネシア高官が韓国訪問…LG化学のバッテリー工場誘致で」)
(参考記事:「韓国国税庁、インドネシアへの徴税システム輸出を発表」)
(参考記事:「ベトナムに偏る韓国企業のASEAN進出…シンクタンクは「ベトナムプラスワン」を提言」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない