サムスンがDRAMラインのイメージセンサー転換をさらに推進か…同社キーマンが言及と韓国紙

イメージセンサー

サムスンがDRAMラインのイメージセンサー転換をさらに推進か…同社キーマンが言及と韓国紙

サムスン電子が来年もDRAMラインの一部をイメージセンサーに転換することでイメージセンサー世界1位のソニーを追い上げるようだ。
 
(参考記事:「シャオミの「Redmi Note9」ハイスペ版はサムスンのイメージセンサー搭載」)
 
中央日報は20日、サムスン電子のパク・ヨンイン=システムLSI事業部戦略マーケティングチーム長(副社長)が、非公開の質疑応答において、「来年DRAM工場の一部でラインがイメージセンサーに変更される。1億800万画素をはじめ、高解像度の画像センサーの中国の顧客の需要が増えるのに比して、サムスンの(現在の)生産能力ですべて対応するのが難しいため」と述べたという。

同紙は、最近になりイメージセンサーに転換された華城工場の11ラインの残りのDRAM施設が来年イメージセンサー用途に変わる見込みであると伝えている。

パク副社長は、サムスン電子の非メモリ設計・開発部門であるシステムLSI事業部においてセンサー事業チーム長を担っていたが、最近の人事で戦略マーケティングチーム長に異動していた。中央日報は、同ポジションについて、「企業間取引(B2B)などの各種営業活動を担当する」部門であるとし、「部品業界において、今後サムスンがセンサー事業により多くの力を注ぐと判断されている理由だ」と分析した。
 
(参考記事:「サムスンを米ITCが調査へ…イメージセンサー特許めぐり米企業が提訴」)
(参考記事:「ソニーに挑戦状? サムスンが最新ToFイメージセンサーをリリース」)
(参考記事:「2位サムスンが1位ソニーを猛追、イメージセンサーの世界シェア」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない