武器輸出世界46位の韓国企業、グラフェン事業を英ベルサレンに売却か

その他

武器輸出世界46位の韓国企業、グラフェン事業を英ベルサレンに売却か

韓国ハンファグループ傘下の航空系列会社ハンファ·エアロスペースが、グラフェン事業の株式を売却し事業を整理する。
 
(参考記事:「韓国軍事企業が5G利用で無人車両開発を促進…走行や射撃をリモート化」)
 
韓国メディア「THE GURU」は23日、「ハンファ·エアロスペースは英国の先端素材エンジニアリング企業ベルサレン(Versarien.plc)に《夢の新素材》と呼ばれるグラフェン事業を売却する」とし、「ベルサレンに株式1100万株を譲渡し、最終事業を整理する手順を踏む」と報じた。売却規模は430万ポンド(約6億円、普通株1株当たり39.475ペンス)になるという。

同紙によると、ベルサレンは今回の買収のため、ランステッド(Lanstead)から資金を調達する。 このため、ランステッドと収益共有契約を締結し、株式買収金額350万ポンド(約52億ウォン、約5億円)の支援を受けるという。

ハンファ·エアロスペースの売却株式には100件に達する特許と特許権のポートフォリオが含まれ、その大半は、ハンファテックウィンの前身であるサムスンテクウィンで最初に開発されたものであるとのこと。

THE GURUは、「ハンファ·エアロスペースはこれまで、世界初の5世代級グラフェン製造ラインを構築するなど、グラフェン事業を営んできた」が、「小規模でグラフェン事業を進めてきた上、現在の主力事業である航空、防衛エンジン事業との方向性が合わず、売却を決めた。」と伝えている。

韓国国防技術品質院が先日発刊した「2020世界の防衛産業市場年鑑」によると、ハンファ・エアロスペースは武器輸出において世界46位に入っている。第三四半期(7~9月)の売上高は前期比15.5%増となる1兆3771億ウォン(約1294億円)、営業利益は241億ウォンの同増加となる943億ウォン(約89億円)を記録している。
 
(写真:ハンファ・エアロスペースの企業ポスター=同社提供)
 
(参考記事:「韓国ハンファが米水素タンクメーカー買収か」)
(参考記事:「ニコラに100億円超を投資した韓国ハンファグループ、詐欺疑惑で大打撃か」)
(参考記事:「ヒュンダイ系列社、韓国軍のK2戦車生産受注…欧州輸出も企図か」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない