マレーシアが韓国産「アルミ亜鉛メッキ鋼板」等に反ダンピング関税を正式導入

通商・特許

マレーシアが韓国産「アルミ亜鉛メッキ鋼板」等に反ダンピング関税を正式導入

マレーシア政府が韓国のアルミ亜鉛メッキ鋼板に反ダンピング関税を発動したことが分かった。
 
(参考記事:「ステンレス鋼の日韓紛争、WTOで日本勝訴報道…韓国側は上訴と和解の両方にらむ」)
 
韓国の通信社ニューシスは25日、マレーシアのベルナマ通信の報道(24日)を基に、「マレーシア政府は、韓国と中国、ベトナムから輸入しているアルミ亜鉛メッキ鋼板に反ダンピング関税を正式に発動した」と報じた。

ベルナマ通信によると、マレーシアの貿易産業省(MITI)は先月8月に韓国、中国、ベトナム産のアルミ亜鉛メッキ鋼板に課した反ダンピング関税を正式に導入することにしたと発表したという。

MITIは声明で、韓国、中国、ベトナムから輸入するアルミ亜鉛メッキ鋼板に12月12日から2025年12月11日までの5年間に反ダンピング関税を適用すると発表した。反ダンピング関税率は、韓国産が9.98〜34.94%、中国産は2.18〜18.88%、ベトナム産は3.06〜37.14%をそれぞれ課すとのこと。
 
(参考記事:「日中韓の特許当局、ASEANへの知的財産協力などで合意…RCEP発足で協調」)
(参考記事:「韓国とインドネシアがEPA締結…RCEP以上の撤廃率で自由化へ」)
(参考記事:「ベトナムに偏る韓国企業のASEAN進出…シンクタンクは「ベトナムプラスワン」を提言」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない