半導体

インテルがCPU生産をサムスンに委託も?上級副社長がサムスンファウンドリ行事に参加

インテルのチーフアーキテクトであるラジャ・コドゥリ上級副社長がサムスン・ファウンドリのイベントに参加することが分かった。韓国メディアでは、インテルがサムスンにCPU生産を委託する可能性があると報じている。 ラジャ・コドゥ […]

通商・特許

「中国は自国中心の市場再編を図っている」デジタル貿易で韓国シンクタンク指摘

韓国貿易協会(KITA)傘下の国際貿易通商研究院は26日、「デジタル貿易における韓・中の比較と貿易規範のグローバル争点」という題のレポートを公表した。同レポートでは、中国と韓国のデジタル貿易推進状況を分析しており、中国に […]

EV電池 通商・特許

韓国バッテリー企業同士の米訴訟戦、判決が再び延期…トランプ拒否権発動見方もあった

米国国際貿易委員会(ITC)は26日、LG化学SKイノベーションによる電気自動車バッテリー営業秘密をめぐる訴訟について、最終的な判断を12月10日に延期すると発表した。韓国各紙も一斉に報じた。具体的な理由は明らかにされて […]

通商・特許

「罰金は3倍返し」韓国政府が知的財産保護を大幅強化…日本の法律も参考に

韓国が商標権や意匠権侵害の罰則を強化した。 韓国特許庁は、商標や意匠権の侵害に対して賠償金を3倍に引き上げるなどする、商標法やデザイン保護法などの知的財産保護関連法律を20日公布させたと発表した。 今回の商標法・デザイン […]

半導体 研究開発

中国SMICが7ナノ半導体の製造工程開発に成功?…「テープアウトに成功」と取引先

中国最大のファウンドリー(半導体委託生産)企業であるSMIC(中芯国際集成電路製造)が、アメリカ政府の制裁の中で、7ナノプロセスの初期技術の開発に成功したと韓国紙が報じている。 半導体設計企業(ファブレス)である中国のI […]

半導体 研究開発

韓国政府が半導体素材など国産化計画をレベルアップ…先進国比85%に引き上げ

韓国政府が半導体素材などの国産化計画をレベルアップすると発表した。 韓国のホン・ナムギ副首相兼企画財政部長官は14日、素材・部品・装置(以下、素部装)の競争力強化の基本計画を策定し技術水準を引き上げると発表した。ホン副首 […]

EV電池 研究開発

EV界のゲームチェンジャー? サムスンが走行距離1000kmの電池関連技術開発に成功

韓国サムスンが、1回の充電で1000kmの距離を走行することができる電気自動車バッテリーの商用化を早める技術を開発した。ガソリン車に比べ走行距離が短い電気自動車にとってネックとなっているが、今回の研究により、それが大幅に […]

研究開発

韓国研究チーム「分子の電気的性質を変化させる《万能作用基》を開発」と発表

韓国科学技術院(KAIST)化学科のベク・ムヒョン教授(基礎科学研究院分子活性触媒反応副研究団長)の研究チームは、同じ化学科のハン・サンウ教授(ナノテクトニクス創意研究団長)の研究チームとの共同研究を通じて、電圧をかける […]

研究開発 通商・特許

[特集]その名も「コリアンパラドックス」…研究費は世界有数だが特許件数が低い韓国

韓国は人口一人あたりの研究開発(R&D)費用で世界1位であり、GDP比でも世界2位であるが、それに伴う世界での特許件数が他国に比べ相対的に低いことが分かった。韓国メディアをして「コリアンパラドックス」と呼ぶ現象だ。 &n […]

半導体 研究開発

韓国政府、AI半導体エンジニアを3000人育成へ…「総合半導体強国」飛躍のための戦略案策定

韓国政府は12日、2030年までに人工知能(AI)の半導体技術を持つ人材3000人の養成など、「総合半導体強国」に飛躍するための戦略案を策定した。政府は同日午後、京畿道・城南にあるシステム半導体設計支援センターにおいて、 […]

ディスプレイ 通商・特許

ロレックスが韓国LGディスプレイ提訴、「ROLED」の商標権めぐり紛争続く

韓国のLGディスプレイとスイスのブランド時計「ロレックス」の間で、商標権をめぐる紛争が1年間も続いていることが分かった。 韓国メディアによると、LGディスプレイが所有する「ROLED」という名の特定商標権に対してロレック […]

その他 特集 研究開発

[特集]韓国の水素経済の現況と課題…水素自動車普及は世界1位も、インフラなど不十分

日本の経団連に相当する韓国の全経連(全国経済人連合会)は8日、韓国における水素経済(水素産業および同市場)の現状についての分析と政策提言を行った。2050年における世界の水素経済の市場規模は約265兆円とされる。韓国は水 […]

スマホ ディスプレイ 企業 半導体

サムスンの7~9月期好実績、制裁直前ファーウェイの駆け込み注文など要因か

韓国のキウム証券は8日、サムスン電子の分析レポートを公表。アーニングサプライズとなった7~9月期の同社の暫定実績について、ファーウェイへの半導体出荷が(制裁発効を前に)急増したことや、テレビ販売が好調だったと推測した。 […]