米自動車市場で韓国車がドイツ抜き4位浮上…日本産など大幅減のなか唯一増加

その他

米自動車市場で韓国車がドイツ抜き4位浮上…日本産など大幅減のなか唯一増加

韓国が米国の自動車輸入相手国のうちドイツを抜き4位に浮上したことが分かった。
 
(参考記事:「韓国の自動車リコール台数が過去最高に…EVやFCVも含め204万台」)
 
31日、KOTRA(大韓貿易投資公社)によると、米国の韓国産自動車の輸入額は10月末現在で130億4800万ドル(約1.2兆円)となり、日本とメキシコ、カナダに次いで4位に浮上したことが分かった。前年比0.18%の増加となる。

前年に4位だったドイツは韓国に抜かれ5位となった。ドイツ車の輸入額は前年より38.12%下落となる92億8721万ドルだった。韓国とドイツ間の格差は3億7600万ドルに達しており、今年の年末基準でも韓国が4位になる可能性が高い状況だ。

新型コロナウイルス影響もあり、米国の自動車輸入は前年比で24.37%減少した。1位の日本も前年比24.37%の減少となった。メキシコとカナダは、それぞれ23.21%と26.85%減少した。 「トップ5」のうち、韓国だけ唯一増加した。

米国市場で韓国車の輸入拡大は、ヒュンダイ(現代)と起亜自動車の輸出増によるものだ。現代・起亜自動車の米国シェア(11月の累積的基準)は、過去2012年以降最高となる8.6%と集計された。前年同期の7.8%から0.8%ポイント増加した。

また、新型コロナウイルスの影響でフォルクスワーゲンやベンツ、BMWなどの欧州工場が生産停止などに追い込まれた一方、韓国の工場は正常に近い形で稼動していたことから、米国市場でドイツ車を代替したものと考えられる。
 
(参考記事:「LG電子がマグナとEV用パワートレインで合弁会社設立…世界3位の自動車部品メーカー」)
(参考記事:「ヒュンダイの水素自動車が1位、トヨタの4倍以上売れる…1~9月の世界販売台数」)
(参考記事:「ヒュンダイにつづき起亜自動車も米国リコール…約30万台」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない