韓国SKグループが米大手水素企業「プラグパワー」の最大株主に…1500億円投資

その他

韓国SKグループが米大手水素企業「プラグパワー」の最大株主に…1500億円投資

SKグループが米水素企業の最大株主となった。
 
(参考記事:「韓国SKグループが水素事業に進出…2.8兆円の価値創出へ戦略チーム新設」)
 
同グループのSK㈱とSK E&Sは、業界最高水準の核心技術力をもとにグローバル水素事業をリードしている米国のプラグパワー(Plug Power)社の株式9.9%を確保し、最大株主になったと7日明らかにした。今回の投資は、SK㈱とSK E&Sがそれぞれ8,000億ウォン(約760億円)を出資し、約1兆6000億ウォン(15億ドル=約1520億円)を共同投資する方式で行われた。

1997年に設立されたプラグパワーは、水素事業バリューチェーン内の自動車燃料電池(PEMFC)、水電解主要設備である電解槽、液化水素プラントや水素ステーションの建設技術など多数のコア技術を保有している。プラグパワーは、毎年約50%水準の高い売上成長を記録しており、昨年末の基準時価総額は約16兆ウォン(約1.5兆円)に達する。

また、プラグパワーは、水素を燃料として使用するフォークリフトやトラックなどの水素ベースのモビリティ事業能力も保有している。プラグパワーはアマゾン、ウォルマートなどのグローバル流通企業に独占的に水素フォークリフトを供給するなど、米国全体の水素フォークリフト供給市場を事実上独占している。最近では、米国全域に構築された水素ステーションのネットワークを活用して中・大型トラック市場に進出し、ドローン、航空機、発電用などに水素燃料電池の活用を多角化している。また、水素の生態系の構築に積極的な欧州市場での事業拡大を推進しており、今後の高成長が予想されている。

今年下半期には、米国ニューヨーク州(州)の年間1.5ギガワット(1.5GW)の世界最大規模の燃料電池の生産工場を完工し、本格生産に突入する。これにより、プラグパワーの中核製品である燃料電池と水電解装置の生産単価を画期的に下げ、コスト競争力を確保し、グローバルリーダーとしての地位を強固にするものと予想される。

SKは今回の投資で、プラグパワーの最大株主の地位を確保しただけに、両社間の相乗効果を通じて、アジアの水素市場のリーダーシップの確保に拍車をする方針だ。韓国では、プラグパワーの技術力を活用してSKが構想している水素生態系組成を早める一方で、中国やベトナムなどSKグループが保有するネットワークを活用して、新規事業開発の機会を先取りするという戦略だ。このため、SKは、プラグパワーとの合弁会社設立により、アジアの水素市場に共同進出するなど、事業モデルを具体化していく計画である。

SKは昨年、エネルギー関連会社であるSK E&S、SK建設、SKイノベーションなど関連会社の専門人材20人で構成され、水素事業担当組織「水素事業推進団」を新設し、ビジネス戦略の実行にすぐに着手した。 SKは、国内で2023年3万トンの生産を開始し、2025年までに全28万トン規模の水素生産能力を備え、水素の生産 – 流通 – 供給に至るバリューチェーンを統合運営することにより、水素事業を次世代主力エネルギー事業に集中的に育成という計画を明らかにした。

SK関係者は「SKグループが保有する事業力量と様々な外部のパートナーシップを結合して、グローバル水素市場での影響力を継続的に育てていく方針」とし、「一歩先の環境にやさしい水素生態系を造成することにより、ESG経営リーダーとして位置づけられること」と述べた。

一方、今回の投資取引は、シティグループのグローバルマーケット証券のグローバル法律事務所であるSTB(Simpson Thacher&Bartlett)が諮問した。
 
(参考記事:「[特集]韓国の水素経済の現況と課題…水素自動車普及は世界1位も、インフラなど不十分」)
(参考記事:「韓国政府が半導体素材や二次電池関連60品目に関税割当…輸入促進効果」)
(参考記事:「韓国ハンファが米水素タンクメーカー買収か」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない