LG電子とルックソフトの合弁会社が今月末発足へ…マグナとの合弁に続く電装事業強化

その他

LG電子とルックソフトの合弁会社が今月末発足へ…マグナとの合弁に続く電装事業強化

LG電子とスイスのソフトウェア企業ルックソフトとの合弁会社「アルマイト」が今月末に発足することが分かった。
 
(参考記事:「LG電子がマグナとEV用パワートレインで合弁会社設立…世界3位の自動車部品メーカー」)
 
韓国メディアなどによると、バク・イルピョンLG電子の最高技術責任者(CTO)=社長が12日(現地時間)、CES 2021 LG未来技術対談においてこのように明らかにした。

両社は、昨年CES 2020において合弁設立のための協約を結んでいた。当時パク社長とドミトリー・ロスチニン=ルックソフト最高経営責任者(CEO)が協約式に参加した。

新会社「アルマイト」は、Web OSオート(webOS Auto)プラットフォームをベースに、ヘッドユニット、後部座席エンターテイメントシステム(RSE)などを含む車両用統合インフォテインメントシステムを市場に投入する予定だ。ルックソフトは同分野のグローバル販売チャネルを持つ。

パク社長は、「LG電子のスマートキャビンコンセプトは、車両の天井や窓に設置したディスプレイをウェブOSオートで駆動させて車両を新しい空間に再誕生させることができるということを示している」と述べたという。

LG電子は、最近の買収合併(M&A)との合弁会社設立などを通じて電装事業を強化している。先月23日には世界3位の自動車部品メーカーであるマグナと電気自動車のパワートレイン(動力計)の合弁会社である「LGマグナeパワートレイン(LGマグナ)」を設立すると発表した。 2018年にはヘッドランプ市場で世界5位の企業であるZKWを買収している。
 
(参考記事:「「LG電子とマグナの合弁はウィン・ウィン戦略」韓国証券社が分析」)
(参考記事:「GMがLGのデジタルコックピットに革新賞を授与…21年式エスカレードモデル搭載」)
(参考記事:「韓国紙「LG電子がホンダとテレマティクス部品供給契約締結」と報じる」)
 
(写真:LG電子のインフォテイメントシステム=同社提供)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない