ヒュンダイ系列社、EV用「冷却水分配・供給統合モジュール」開発成功

その他

ヒュンダイ系列社、EV用「冷却水分配・供給統合モジュール」開発成功

 ヒュンダイウィア(現代ウィア)が電気自動車の駆動部とバッテリーの熱管理部品を統合したモジュールを韓国で初めて開発した。
 
(参考記事:「ヒュンダイ自動車がディーゼルエンジンの開発全面中断か…EVなど次世代車に集中?」)
 
 ヒュンダイウィアは18日、電気自動車専用の熱管理システム、「冷却水分配・供給統合モジュール」の開発に韓国で初めて成功したことを明らかにした。このモジュールは、ヒュンダイ自動車の電気自動車専用プラットフォームであるE-GMPへの搭載が確定しており、2023年から量産が開始される予定だ。ヒュンダイウィアは今回の開発をきっかけに、環境にやさしい自動車部品メーカーへの転換を目指している。

 ヒュンダイウィアが開発したモジュールは、電気自動車のバッテリー、駆動装置などの電装部品の熱を管理する装置である。従来の内燃機関自動車と違い、電気自動車は安定した熱源がないため、排熱回収と活用以上の機能をする別途の熱管理装置が必要である。今回、ヒュンダイウィアが開発したモジュールは、自動車の駆動に必要な主要部品の温度を滴定水準に維持し、部品の効率と性能を極大化する方式だ。

 ヒュンダイウィアは、駆動、電装、バッテリーの全ての部品の熱を統合して管理できるような「冷却水分配・供給統合モジュール」を開発した。既存の方式では、駆動部品とバッテリーの冷却をそれぞれ別の装置が担当していたが、それを統合したのである。そのために、ヒュンダイウィアは冷却水回路を最適化し、適切なバッテリー温度を維持するための「冷媒熱交換器」と「冷却水分配・供給部品」を統合した。このようなモジュール構成を通じて、部品の数を抑え、エンジンルームの活用度を極大化した。

 ヒュンダイウィアのある関係者は、「国内(韓国)で冷却水の分配及び供給統合モジュール技術を確保したのはヒュンダイウィアが初めて」と述べ、「既存のシステムより効率的な熱管理で電気自動車の走行距離を伸ばし、バッテリーの寿命向上も期待できる」と説明した。

 ヒュンダイウィアは過酷な条件下での信頼性検証も行った。韓国ウィワン市に韓国で初めて設置した、冷却水循環と振動、温度などの条件を同時に制御できる、「複合環境作動及び振動耐久試験機」を用い、高強度の信頼性検証を遂行した。このような集中的研究開発により、ヒュンダイウィアは30件(韓国外4件を含む)の熱管理モジュール特許を出願し、電気自動車部品市場進出への礎を築いた。

 ヒュンダイウィアは冷却水分配・供給統合モジュールを2023年から本格的に量産し、ヒュンダイ自動車の電気自動車専用プラットフォーム、「E-GMP(Electric-Global Modular Platform)」に適用する計画だ。また、2025年までに冷却モジュールに車内の空調の機能を加えた、「統合熱管理システム(ITMS、Integrated Thermal Management System)」を開発し、グローバル自動車メーカーを攻略するという目標を立てている。

 ヒュンダイウィアのある関係者は、「2018年から全社の力量を投入し、熱管理部品を研究開発した」と説明し、「長い間自動車部品を生産し、培ったノウハウを基に、自動車部品市場でも強力な競争者になれるように努力する」と述べた。
 
(参考記事:「[特集]ヒュンダイ自動車がEV用プラットフォーム「E-GMP」を公開」)
(参考記事:「ヒュンダイが水素自動車「ネッソ」をアップグレード…基本モデルは636万円」)
(参考記事:「ヒュンダイがSUV約50万台を米国でリコール…火災リスクにより屋外駐車要請」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない