SKハイニクスが個人用SSD市場に進出…「Gold P31」と「Gold S31」発表

半導体

SKハイニクスが個人用SSD市場に進出…「Gold P31」と「Gold S31」発表

SKハイニクスは18日、「消費者のためのSSD」と銘打ち、国内市場向けに新製品「Gold P31」と「Gold S31」の二種類のSSDを発表した。
 
(参考記事:「SKハイニクス、M16に新しいEUV露光装置の設置を開始・・・次世代DRAM生産本格化」)
 
同製品は、SKハイニクスが2019年に米国で披露し好評を受けた「スーパーコアSSD」シリーズだ。どちらの製品もSKハイニクスが開発した128段のNANDフラッシュが搭載された。一つのセルに格納できるビット(bit)の数が、3つのTLC(フリープレベルセル)の構造である。 TLC NANDフラッシュは、クワッドラッフルレベルセル(QLC)タイプに比べ、読み取り速度が速く、構造が安定したのが特徴である。代わりに、製造コストはより高い。

Gold P31は、グラフィックカード、サウンドカードなどの装置をマザーボードに直接接続するように設計された「PCIe」インターフェイスを備えている。 PCIe 3世代ファミリーの中で最高レベルの毎秒3500MBの順次読み取りと3200MBの順次書き込み処理速度を誇る。秘訣は独自開発した「ハイパーライト」技術である。データ処理は、シングルレベルセル(SLC)にして保存はTLCとする方式である。電力効率も同種他製品に比べ236%高い会社側は説明した。容量は1TB(テラバイト)と500GB(ギガバイト)二つだ。

Gold S31は、汎用製品で1TB、500GB、250GBの3つの容量で販売する。シーケンシャルリード560MB / s、シーケンシャル書き込み525MB / sの処理速度を実現し、オンライン学習、ビデオ会議などの様々な活動をする際にシームレスに安定したパフォーマンスを提供する製品である。

どちらの製品もアメリカ現地消費者の高い評価の評価を記録しており、海外の技術専門メディアが主催するアワードを受賞するなど、優れた性能が実証されたとSKハイニクスは強調した。

SKハイニクスのイ・サンレ=マーケティング担当は、「全世界の主要PCメーカーから性能と品質を認められてきたSKハイニクスSSDが国内消費者に革新的なコンピューティング環境を提供することができるだろう」と、国内市場進出の意味を説明した。
 
(参考記事:「[特集]SKハイニクスがSSDで世界1位、NANDで世界2位に…インテル事業買収で」)
(参考記事:「ザイリンクスがサムスンと共同開発したSSDを発売」)
(参考記事:「サムスン、速度2倍の次世代SSD「980 PRO」を発売」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない