韓国ハンコックタイヤ、テスラ「モデルY」にタイヤ供給か

その他

韓国ハンコックタイヤ、テスラ「モデルY」にタイヤ供給か

テスラの「モデルY」にハンコックタイヤの製品が搭載されることが分かった。
 
(参考記事:「[特集]LG化学がテスラ新モデルに電池独占供給か…首位固めに着々」)
 
韓国メディアなどによると、韓国のタイヤメーカーであるハンコックタイヤ(Hankook Tire)が、中国の上海工場で生産するテスラの電気自動車「モデルY」に19インチタイヤを供給すると報じた。

ハンコックタイヤは2016年からテスラの普及型電気自動車である「モデル3」にタイヤを供給してきた。

ハンコックタイヤは昨年、ポルシェのEV「タイカン」にもタイヤを供給している。

電気自動車用タイヤは、バッテリー重量のために、クラス内燃機関車よりも車体が数百㎏重く、モーター特有の速い応答性によりスリップや摩耗が発生する可能性が高いため内燃機関自動車よりも強固な設計を要するとされる。

韓国の自動車メディアによると、ハンコックタイヤは具体的な返答を避けたと伝えられる。
 
(参考記事:「韓国政府機関、テスラ「モデルY」の走行距離=511キロと発表…上半期内に発売へ」)
(参考記事:「LGがニッケル90%のNCMAバッテリーをテスラに供給か」)
(参考記事:「韓国でテスラ乗員の死亡事故受け、安全性に疑問噴出…「電気が切れるとドアが開かない」」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない