アップルカーは起亜自動車が担当か? ヒュンダイは自社ブランドに専念で分業か

その他

アップルカーは起亜自動車が担当か? ヒュンダイは自社ブランドに専念で分業か

米アップルの「アップルカー」の製造協力の可能性が報じられているヒュンダイ自動車が、同協力事業について、傘下の起亜自動車に担当させるとの報道が出ている。その場合、「アップルカー」は起亜自動車の米国ジョージア工場で製造される可能性が高い。
 
(参考記事:「[特集]アップルカーは韓国ヒュンダイと共同開発か…電池も含む」)
 
イーデイリー紙は19日、業界情報をもとに、「ヒュンダイ自動車グループが、アップルカー協力に関する検討と事業進行を起亜にさせる」と報じた。

起亜は15日に発表した中長期戦略である「プランS」において、モビリティソリューション、目的基盤車両(PBV)などの事業を推進すると発表した。ブランドにこだわっているのではなく、様々なモビリティ事業者と協力してカスタマイズされた車を開発・供給するというものである。イーデイリー紙は、「ヒュンダイ自動車グループは、起亜のこの計画について、アップルカー事業に適していると判断したとみられる」と分析している。

同紙は、起亜自動車がアップルと協力する場合、「米国ジョージア州の(起亜の)工場を拠点に進行される予定である」とし、「米国の事業所で行うことでアップルとの協力を円滑にすることができる判断からだ」と伝えた。

同記事内容が事実であれば、ヒュンダイ自動車は自社ブランドでの次世代製造を継続する一方で、傘下の起亜自動車に委託製造を行わせるという分業体制になる見通しだ。
 
(参考記事:「ヒュンダイ自動車がディーゼルエンジンの開発全面中断か…EVなど次世代車に集中?」)
(参考記事:「ヒュンダイ系列社、EV用「冷却水分配・供給統合モジュール」開発成功」)
(参考記事:「ヒュンダイが水素自動車「ネッソ」をアップグレード…基本モデルは636万円」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない