「インテルがサムスンにGPU生産委託か」米紙報じる

半導体

「インテルがサムスンにGPU生産委託か」米紙報じる

サムスン電子がインテルのGPU(グラフィックスプロセッシングユニット)を委託生産すると報じられている。
 
(参考記事:「インテルがCPU生産をサムスンに委託も?上級副社長がサムスンファウンドリ行事に参加」)
 
米ITメディア「セミアキュレート(SemiAccurate)」は20日(現地時間)、サムスン電子が最近、インテルと半導体ファウンドリ(受託生産)契約を結んだと報じた。サムスン電子の米国テキサス州オースティンにあるファンドリ工場において、今年下半期からウエハ1万5000枚規模/月の半導体を生産する予定だという。韓国メディアも同紙を引用し一斉に報じている。

サムスン電子のオースティン工場は14ナノメートル(1ナノは10億分の1m)工程を備えている。セミアキュレート紙は、「中央処理装置(CPU)は、これよりも微細な工程で製造する必要があるため、インテルがサムスン電子のオースティン工場に発注する物量は、GPUである可能性がある」と伝えた。

ただし、韓国メディアによると、セミアキュレート紙は半導体に関する報道で影響力がある媒体では必ずしもないとのこと。

インテルは微細工程への移行がスムーズに進んでいないことから、TSMCか、あるいはサムスン電子のファウンドリ工場に生産を委託するのではないかという見方が強まっていた。
 
(参考記事:「半導体不足で「Galaxy S21」の生産にも支障か…サムスンファウンドリにも注文殺到?」)
(参考記事:「懲役判決のサムスン総帥が「獄中経営」を実行か?」)
(参考記事:「サムスンが消費者向けSSD「870 EVO」を発売」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない