「LG電子のスマホ事業撤退を非常に歓迎する ポートフォリオ改善」韓国証券社

スマホ

「LG電子のスマホ事業撤退を非常に歓迎する ポートフォリオ改善」韓国証券社

キウム証券は20日、LG電子のスマートフォン事業撤退に関連し分析レポートを発表した。
 
(参考記事:「韓国LG電子がスマホ事業撤退か…CEOメール流出 23期連続赤字でサムスンに敗北」)
 
キウム証券のキム・ジサン研究員は、LG電子のCEOがスマートフォン事業からの撤退を示唆していることについて、「慢性的なスマートフォンリスクから最終的に解消されることで、非常に歓迎する案件だ」と評価した。

キム研究員は、「同社のスマートフォン事業は限界に達しており、戦略的判断の時が到来した」とし指摘。同社のスマホ事業は2015年以来、6年間で4兆7000億ウォン(約4418億円)の営業損失を記録しいるとし、「共通の費用を考慮した損失規模はそれ以上だ」と述べた。

続けて、「CESで注目が集まったローラーブルフォンは進んだ技術力を誇示するのに十分に見えるが、意味のある販売量と実績に反映さされるのは難しい」とし、「ODM中心の事業構造を転換して中低価格の携帯電話を中心に事業を行う戦略については、家電やTVで築いてきたプレミアムブランドの価値を毀損する可能性がある点で、慎重な判断が必要」であったと分析した。

キム研究員は、「企業価値の面で最高のシナリオは、事業部の売却である」とし、「大規模な赤字要因の解消に加え、営業権及び特許価値の現金流入が行われるからである」と述べた。続けて、「売却や撤退を断行しても当然重要なモバイル技術は、内在化するものであり、IoT家電、ロボット、自律走行車など将来の事業の競争力を後押しすると予想される」と見通した。

LG電子のポートフォリオについては、「自動車部品のターンアラウンドとスマートフォンのリスク解消をもとに、理想的な事業ポートフォリオを備えるようになり、企業価値の再評価が活発に行われる」と評価した。
 
(参考記事:「LG電子とルックソフトの合弁会社が今月末発足へ…マグナとの合弁に続く電装事業強化」)
(参考記事:「「LG電子とマグナの合弁はウィン・ウィン戦略」韓国証券社が分析」)
(参考記事:「パナソニックの透明ディスプレイ、韓国LGDがパネル独占供給か」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない