韓国の対日フッ化水素輸入額が昨年74%減少…国産品で代替か

半導体

韓国の対日フッ化水素輸入額が昨年74%減少…国産品で代替か

一昨年7月に日本政府が韓国に対する「輸出規制」品目に指定した半導体製造用フッ化水素(エッチングガス)の昨年の輸入額が74%以上減少したことが分かった。
 
(参考記事:「フッ化水素の森田化学、純利益が対韓国輸出規制前の10分の1以下に」)
 
日本の規制(輸出管理強化)発表後、サムスン電子、SKハイニクスなど国内半導体企業が国産化代替に移行したことから、「対日」フッ化水素輸入額は2003年以降17年ぶりに1000万ドル(約10億円)を下回った。

韓国各紙は25日、韓国関税庁が発表した貿易統計をもとに、昨年1年間、韓国が日本から輸入した半導体製造用フッ化水素の輸入額は約938万ドル(約104億ウォン、約10億円)と集計された。これは1年前の2019年の約3634万ドル(約38億円)に比べ、74.2%も激減したものだ。

輸入重量ベースで比較しても、2020年の輸入量は4942.6トンで、前年の1万9835.7トンより75.1%減少している。 金額と重量基準の減少幅はほぼ同じ水準だ。

韓国が日本から半導体用フッ化水素を輸入した金額が年間基準1000万ドル(約10億円)を下回ったのは、2003年の約783万ドル(約8億円)以来17年ぶりのことだ。

韓国産業省(産業通商資源部)によると、フッ化水素の国産化をめぐっては、ソルブレイン社が12N級高純度フッ酸液の生産設備を2倍に拡大し、すでに生産開始しており、SKマテリアルズが5N級の高純度フッ化水素ガス製品の量産に成功している。

韓国の通信社・ニュース1は、「国内にある韓国企業の工場でフッ化水素が生成され、その製品が半導体企業に供給され始めたことから、韓国の年間フッ化水素額も減少したことが分かった」と伝えている。
 
(参考記事:「韓国のフッ化水素輸入、対日依存度が下がる…フォトレジストやフッ化ポリイミドも」)
(参考記事:「韓国ラムテクノロジー社、高純度フッ化水素の生産6倍増へ…工場増設」)
(参考記事:「韓国企業が「クォーツ」を国産化か…対日依存高い半導体先端素材 市場規模は1千億円超」)
(参考記事:「韓国が「エポキシ」の国産化に成功…対日輸入率9割の半導体核心材料」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない