サムスンの5G設備、国際評価基準認証を獲得

その他

サムスンの5G設備、国際評価基準認証を獲得

サムスン電子は22日、同社の5G移動通信設備が国際評価基準(Common Criteria, CC)認証を獲得したと発表した。
 
(参考記事:「米国が途上国に「ファーウェイ5G排除」支援金…サムスンやノキア勧める」)
 
CC認証は、IT製品のセキュリティを評価するISO15408国際基準で、世界各国で管理しているセキュリティ評価基準のうち、共通的な評価項目について満たしているかどうか検証し獲得することができる。

サムスン電子は、昨年1月からカナダのセキュリティ評価会社であるライトシップセキュリティ(Lightship Security)社と5G移動通信基地局のセキュリティ性の検討を始め11月に完了し、国際CCポータルにセキュリティ製品として登録した。

また、2021年1月には、業界で初めて5G移動通信基地局をアメリカ国家安保局(NSA)傘下の国家情報保証協会(NIAP)で管理するセキュリティ認証製品(Product Compliant List, PCL)として登載し、カナダ国防省傘下の通信保安局(CSE)の認証製品(Certified Product, CP)目録にも名前が掲載された。

アメリカやカナダの場合、国際標準であるCC認証と並行し独自の情報セキュリティ体制を構築し、追加的なセキュリティ検証と認証段階を行っている。

サムスン電子は、北米地域で5G商用網の供給だけでなく様々な方面に事業が拡大するにつれ、製品の信頼度向上のためCC認証を進めることとなった。

サムスン電子は昨年、世界最大の移動通信事業者であるアメリカのベライゾンと大規模5G商用供給契約を結び、アメリカ国防省の5G技術検証に移動通信システムの供給社として選定された。

また、カナダのテラス(TELUS)・ビデオトロン(Videotron)と4G/5G商用事業に進出するなど持続的に北米の5G移動通信事業を拡大している。

サムスン電子ネットワーク事業部のチョン・ソヒョン専務は「5G移動通信が個人や産業、社会のいたるところをリアルタイムで繋ぐため、情報セキュリティが何より重要になっている」とし、「サムスン電子は供給網の完結性、顧客と会社とのリアルタイムの疎通に加え、製品に対する厳しいセキュリティ認証により信頼できる5G供給社として地位を固めていく」と述べた。
 
(参考記事:「サムスン「KDDIと5G関連技術の共同検証に成功」と発表…国際標準規格を提案へ」)
(参考記事:「5G通信機器、ノキアではなくサムスンを選んだベライゾン」)
(参考記事:「LG電子と政府系研究機関が「6G」技術の共同開発MOU締結」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない