韓国がWTOで上訴、日本産ステンレス鋼のダンピング関税判定に不服

通商・特許

韓国がWTOで上訴、日本産ステンレス鋼のダンピング関税判定に不服

韓国政府が日本産ステンレス鋼バー(SSB)について世界貿易機関(WTO)が下した1審判定を不服とし上訴したことが分かった。
 
(参考記事:「韓国が日本産ステンレス鋼への反ダンピング関税を強行か…WTOは日本主張支持」)
 
ダシオ・カスティーリョWTO紛争解決機関(DSB)議長は25日午前(現地時間)に開かれた会議で、韓国が22日、日本産SSBの貿易紛争(DS553)と関連して上訴したと明らかにした。

聯合ニュースなどによると、韓国はWTOの紛争解決手続で1審に位置づけられるパネル判定において重大な法理的誤謬があると上訴理由を説明した。一方で、当該紛争を解決するために、日本政府に仲裁手続きなどを含めて、いくつかの選択肢を提示したが、日本がすべて断ったと述べたと聯合ニュースは伝えている。

WTOの当該紛争パネル(1審)は昨年11月、日本産SSBの韓国の反ダンピング措置について、WTOアンチダンピング協定に反するという趣旨の判断を行い、主要争点5つのうち3つについて、日本の手を挙げていた。韓国は上訴する意向を示していた。

しかし、WTOの上訴委員は、米国のボイコットで欠員状態であることから、今回のSSB紛争の上訴審理の判定には時間がかかる見通しだ。

WTOについては、事務総長の選定も保留中だ。韓国とナイジェリアの候補による最終投票の結果、ナイジェリアのオコンジョ・イウェアラ氏が得票多数となったとされるが、当時トランプ政権が事実上の拒否権を行使し、現在も事務総長が決定されていない。
 
(参考記事:「ステンレス鋼の日韓紛争、WTOで日本勝訴報道…韓国側は上訴と和解の両方にらむ」)
(参考記事:「WTOで韓国が米国に勝訴…「鉄鉱・変圧器への高率関税が協定違反」1審」)
(参考記事:「[特集]米国の支持で韓国はより難しい立場に? WTO事務総長選をめぐるジレンマ」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない