サムスンの有機EL、ULから「優れた屋外視認性」の認証受ける

ディスプレイ

サムスンの有機EL、ULから「優れた屋外視認性」の認証受ける

サムスンディスプレイは2日、最新のスマートフォン用OLEDがグローバル安全認証会社であるULに優れた「屋外視認性(Sunlight Visibility)」として認証されたと明らかにした。
 
(参考記事:「サムスンディスプレイ、90HzのノートPC用OLED量産発表…3月から」)
 
ULは、サムスンのOLEDの測定結果について「明るい環境での色域(Ambient Color Gamut)」がDCI-P3基準73%を満たしており、最高輝度は1,500nit(ニット)以上となったと評価したという。

5G時代にはどこでも明るく鮮明に見える屋外視認性が重要となるが、OLEDは自ら光を出して色を表現するという特性上、色域が広く、高彩度の色味を表現することができ、屋外でも比較的鮮明な画質を示せる。

サムスンディスプレイによると、OLEDの《Ambient Color Gamut》は、室内から明るい屋外に出ると99%から73%に減少するが、LCDは78%から30%にまで減少するとされ、その差が二倍以上に達する。特に今回のOLED新製品では、新規有機材料を適用したことで、前作よりも改善された1,500nit以上の輝度を実装し、屋外視認性をさらに高めることができたという。

チェ・スンホ=サムスンディスプレイ中小型マーケティングチーム長(常務)は「5G時代には、屋内外を区別せず、明るく鮮明な画質を実現するディスプレイの性能が非常に重要である」とし「サムスンOLEDは5G時代に最適なモバイルディスプレイとして消費者に新しい利用価値をプレゼントするだろう」と明らかにした。

一方、ULから屋外視認性の性能を認められたサムスンディスプレイの最新OLEDは、サムスン電子が発表した「Galaxy S21 ultra」をはじめ、グローバルメーカーのフラッグシップスマートフォンに搭載される予定だ。
 
(参考記事:「サムスンディスプレイ、中国スマホメーカーに折り畳みディスプレイを供給へ」)
(参考記事:「サムスンディスプレイ、新代表にQDディスプレイ開発担当者が就任」)
(参考記事:「サムスンディスプレイ低電力OLED技術公開…Galaxy Note20に搭載」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない