ヒュンダイ系列社、使用済みEV電池の運搬容器で特許取得…可変レールで異なる形状に対応

その他

ヒュンダイ系列社、使用済みEV電池の運搬容器で特許取得…可変レールで異なる形状に対応

ヒュンダイ自動車グループの「ヒュンダイグロービス」(HYUNDAI GLOVIS)が、使用済み電気自動車バッテリーの専用容器を開発し特許を取得したことが分かった。
 
(参考記事:「「アップルカーはヒュンダイのEVプラットフォーム使用」著名アナリスト予想」)
 
電気自動車市場の成長に応じて使用後のバッテリーの回収物流需要も大きく増えるものとみられ、今後の事業成長が期待される。

ヒュンダイグロービスは3日、電気自動車の使用済みバッテリーを一つの容器に載せ運搬する「プラットフォーム容器」の特許を取得したと明らかにした。

電気自動車の使用済みバッテリーとは、新品に比べ性能が約70%以下に落ち、駆動バッテリーとして使用する価値がなくなったバッテリーを意味する。ただし電気自動車充電所など他の領域ではリサイクルが可能であることから、関連市場が徐々に広がっている状況だ。

ヒュンダイグロービスによると、今回取得した特許の容器は、容器自体の大きさを自由に調節できる可変レール式の構造を採用したのが特徴である。そのため、一車種に限定されず、車種の異なる形状のバッテリーを載せることができ、韓国では初めて、使用済みEVバッテリー専用の「プラットフォーム」の役割を担うことを期待している。

同容器は多段積載も可能である。これにより、使用後のバッテリー積載可能容量が11トンの貨物トラック基準で、既存の最大5個から17個に増え、3倍以上の効率が増加したという。コンテナにそのまま載せることができるため、今後、海上輸送を通じた海外輸出も可能であるとヒュンダイグロービスは説明した。

ヒュンダイグロービスは、昨年からテスト輸送を行って輸送能力を検証したという。今後は、監視システムを導入し、特許容器の現在位置をリアルタイムで把握し、より体系的な輸送を見込む。
 
(参考記事:「ヒュンダイへの2兆円規模EV電池供給、SKが受注か…LGは火災で敬遠?」)
(参考記事:「ヒュンダイ系列社、EV用「冷却水分配・供給統合モジュール」開発成功」)
(参考記事:「ヒュンダイが謝罪、リコール修理後も出火した電気自動車について」)


 
 
あなたの感想をSNSでシェアする


この記事について、あなたの感想は?
  • 強い関心がある
  • 関心がある
  • どちらでもない
  • 関心がない
  • 全く関心がない